手書きPOPとニュースレター、読まれるモノには共通点がある

 

前回の記事で、ニュースレターの話を書きました。

 

・・・っで、たまに言われるんです。

「臼井さんは、POPの専門の人じゃないんですか?

 どうして、ニュースレターなんですか?」って。

 

(・・・あなたも思いました?(笑))

 

ここで、1つお伝えしておくと。

ニュースレターって、実はPOPと一緒なんです。

媒体としては違うけれど、手書きPOPと考え方は、同じ。

 

僕がお伝えする手書きPOPのやり方を学んでおけば、ニュースレターもうまく活用できるようになるんです。

 

 

手書きPOPっていうのは、商品やサービスを売るための媒体です。

 

お店の売場で、商品に付けて、

「僕は、こんな商品だよー。

 あなたにとって、僕はこんなにお役に立てるんだよ。

 だから買って。」

っていうことを伝えるためのツールじゃないですか。

 

商品を知ってもらうことが、手書きPOPの目的です。

 

 

・・・じゃあ、一方、ニュースレターの目的はなにか?っていうと。

「あなたのコトを知ってもらう」

ここが1番の目的です。

 

紙面で、あなたの日常とかを伝えて、あなたに親しみをもってもらう。

仕事だけじゃなくって、普段のあなたも知ってもらう。

そんなことが狙い。

 

手書きPOP ⇒商品・サービス
ニュースレター ⇒あなた

 

ココの違いをまずは、認識しておくことが、大事。

 

 

でね、同時に共通するポイントもあって。

 

それは何か?っていうと、「人」を伝えるっていう部分です。

 

手書きPOPにしても、ニュースレターにしても読まれるモノにするには、、、

「人」の部分を中心してメッセージを書いた方がイイんです。

 

 

20140703

店主(若大将)の人柄がバンバン伝わってくるレター

 

 

「POPっていうと、商品やサービスを売るためのモノ。

 だから、人よりも、商品のメリットとかを書いた方がイイんじゃないの?」

って、思われるかもしれないんですけどね。

 

でもね、商品そのものを書くよりも、人のことを絡めて書いた方がイイ。

読まれやすいんです。

・・・その理由をカンタンにいうと、他店とは違うメッセージ(訴求)になるからです。

 

POPにしても、ニュースレターにしても、、、

お客さんに読まれない最も大きな要因の1つは、他所と同じメッセージになっている。

ココですからね。

 

人の話を書くと、他所と同じになりにくいんです。

 

でもね、商品やサービスの話を手書きPOPに書こうとすると、けっこう、同じネタになりやすい。

商品メリットとかを伝えようとすると、大概、他店でも同じようにPOPや店頭ボードで書いてたりします。

どこででも言われているようなことは、オモシロくないから。

お客さん読まないです。

(自分のお店でしか扱っていない商品だったらいいんだけど、今ってそれは難しいじゃないですか)

 

 

手書きPOPにしても、ニュースレターにしても、読みたくなるモノ。

 

そこには、共通点があるんです。

そう、人なんですね。

人が伝わってくるPOPやニュースレターは、読んでいてオモシロい。

だから、読まれやすいんです。

 

 

POPも、ニュースレターも読まれるモノには、共通点があるんです。

 

・・・最近、ニュースレターの案件をいただくことが多いので、ちょっと書いてみました。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。