手書きPOPで大事なこと

 

以前、1日で8店舗のお店を訪店サポートしたことが。

・・・まる1日かけたんですけど、終わった時にはもうクタクタ。

 

でもね、・・・訪問するなか、途中で気がついた事が。

店主さんが決まって、おっしゃられる言葉があったんです。

 

店主さんが決まって、おっしゃられる言葉。

それってね、

「お客さんの目が留まるようなインパクトのある言葉を教えてください」

って、皆さん聞いて来られる。

8店舗訪問したお店のほぼ90%の確率で!

 

そして、何度もお伝えしているように、キャッチコピーっていう要素はものすごく大事。

インパクトのあるキャッチがあれば、お客さんの目を留めることは可能です。

だけど、僕は、そこに注力することをお勧めしていません。

・・・どうしてか?

 

まず、1つ目の理由。

キャッチコピーを考えるの、僕が苦手だから。

 

考えるの、すっごく難しくないですか?

僕、そんなにカンタンに優れたキャッチコピー考え付きません。

結果、思いつかないから販促物をつくるのにテンションが上がらない。

つくるのを止めてしまう。

そんな事態を招くから。

 

そして、もう1つの理由。

こっちを力説したいんですが、

「そこには、仕組みっていう要素がまったくないから」です。

 

一生懸命、キャッチコピーを考えました。

今回は、反応がとれました。

また、次も販促物をつくりましょう。

そうなった時、、、、また同じような反応のとれるモノがつくれるか?

っていうと、そこは???です。

 

もしかしたら、偶然HIT(反響)したのかもしれないから…。

 

要は、再現性が低い、っていうことです。

そこには、お客さんとの関係性もないし、何度も繰り返し使えないっていうことです。

 

仕組みが手に入れば、安心が手に入ります。

たとえ、他店で売っている商品であったとしても、選んで買ってもらえるようになります。

「臼井さんがいるから買いに来たのよ」

そう言ってもらえるようになるのです。

 

キレイごとに聞こえるかもしれないですが本当の話です。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。