売れる売場づくりに必須のある『ルール』とは?簡単にできるたった1つの心がけが売上をつくる

今日のテーマは「売り場」です。

売れる売場づくりの話です。

個人的な実感として
売場の差が、売上の差を生み出す。

同じ商品であっても
売場づくりを変えるだけで
売上は極端に変わる。

お店の端っこで埃をかぶっていた商品が
売場を創りなおすだけで

いきなり飛ぶように売れだす。

看板商品になる。

というのは普通に起こる話
だと思っています。

私自身、前職は地域産品を扱う
法人営業をさせてもらっていました。

自社商品を卸す際には
得意先さんの売り場を
創らせていただく事も多かったです。

また、ここでもよく話す
大阪の産直店では実際に
お店の売り場づくりを何度も行いました。

売れない商品を見つけると、
売場、ディスプレイの見直しをする。

すると途端に爆発的に売れ出した、

なんてことは、しょっちゅうでした。

では、ちなみに、

  1. 売れる売場
  2. 売れない売場

一体何が違うのか?

商品が売れるようになる、

お客さまが買いたくなる売場とは
どのようなディスプレイなのか?

例えば、次の写真をご覧いただけますでしょうか?

売場ディスプレイ 事例

営業時代につくらせてもらった得意先の売場

これは私が前職の営業時代に
得意先でディスプレイさせてもらった
売場の1つです。

こちらをご覧になって
何か気づくことはありますか?

実はこの写真の中に、
売れる売場づくり(ディスプレイ)の
肝が凝縮されています。

思い付いた事があれば、
ぜひメモしてください。

…、…

いいですか?
メモしましたか?

例えば、上記の売り場を創るときに
私が意識したことの1つに、

『商品で埋めつくせ』

というルールがあります。

「…えっ、臼井さん、商品で埋めつくすって、
一体どういう意味ですか?」

例えばあなたが売り場をつくるときに
商品を埋め尽くす。

少し言い方を変えると、
陳列棚に商品をディスプレイするのなら、

「棚が見えないくらいに商品を埋めつくす」

という事です。

これは売り場づくりにおいて
私が最も大切にしているルールの1つで、

お客さまは、

「『大量に』陳列されている」

イコール、

「『売れている』商品なんだ」

という潜在意識を持っています。

『大量陳列=人気商品』

この図式です。

例えば、解りやすいのは
あなたがご近所のスーパーへ行ったとします。

「ウィーン」

と入口の自動ドアを通ると
目の前にイチゴのパックが大量に
陳列されている。

通路の左端から右端まで
約5メートルが真っ赤に埋まっている。

この光景を見たときに、
あなたはどう思うか?

「今日はイチゴがお勧めなのかな?」
「今日はイチゴが安いのかな?」

気になって、恐らく
イチゴの売り場に近づくと思います。

これを、

『大量陳列=人気商品』の法則

と呼びます

逆に言うと、歯抜けの売り場。

商品がスカスカの売り場。

陳列棚に商品がまばらにしか
並んでいない売場。

どう思います?

決して売れている商品には
見えないのではないでしょうか?

『スカスカ売場=売れない商品』

のイメージを抱かせてしまうのです。

ここからも解るように
あなたが売り場づくりを行う際は、

『陳列棚を見せない』

まずここを意識した
商品ディスプレイを心がけてください。

平台でも棚でも同じで、

要はお客さまが見たときに
商品を置いている棚(台)が見えないくらいに
商品を埋め尽くす。

商品の間から棚面が見えないようにする。

もしくは、賞味期限の短い商品や
商品サイズが小さいものなど
大量に並べられない商材もあると思います。

大量に並べてしまうと、
廃棄ロスが起きるような商品ですね。

その場合は、什器を上手く活用します。

簡単な例でいえば、
ザルを置いて、その上に商品を置く。

商品が入っていた段ボールケースを
什器代わりに置く。

手ぬぐいなどの敷物を陳列棚に敷く。

といったテクニックで
カバーする事も可能です。

先ほどご紹介した写真を見ると
これらをふんだんに使っているのが解ると思います。

売場ディスプレイ 事例 お土産店

あるお土産店のリニューアルオープン前の創らせてもらった売場

経費をかけなくても、
売場は創れます。

「販売量を上げたい…」
「売上をもっと伸ばしたい…」

と思ったら、売場づくりを見直す。

たったこれだけで
既存商品であっても
売上は、簡単に2倍、3倍に膨らみます。

しかもその売場づくりに
経費は掛かりません。

デザイナーさんに頼まなくても
自社で賄える事はたくさんあります。

そして、さらに突っ込んだ話をすると
メーカーや卸会社さんの場合、

『売れる売場』

が創れるようになると
営業効率が上がります。

「商品を営業する際に
売場ディスプレイも一緒に提案する」

ことで、商品自体の魅力は
さらにアップすると思います。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。