手書きPOP実践Step3.「レイアウトを決める」‏

手書きPOPに重要なこと。

実践するうえで、気を付けておきたいこと。

いろいろとあるんですが、、、

今日は、レイアウト。

書く内容の配置の仕方の話です。

「商品名と価格だけの表記になっていませんか?」

POPの話をするときに

必ずといっていい程出てくる問いかけ。

それが上記の質問です。

・・・あなたも本で読んだり、何かで見たことあるんじゃないですか?

でもね、まさに、その通りで。

「商品名」と「価格」の表記だとお客さんに、買うか?買わないか?

「価格をみて、判断してください」

そう言っているようなモノです。

…っで、前回のステップ2で、POPに書く項目を、おおかた決められたと思うんです。

「商品名」と「価格」意外に何を書くか?

今回のステップは、その決められた項目の配置です。

POP台紙上に、どこに置くか?

そして、どれくらいのスペースをとって書くか?

ココを決めてもらいます。

※特に後者のスペースのとり方が肝。

書く項目が同じだったとしても、、、

ボリューム(書くスペース)のとり方1つで、お客さんへの伝わり方は、全然違う。

商品購入に繋がらない。

ただ、この話については、DVD教材でもお伝えしているので詳しくはお伝えできません。

(購入者の方にご迷惑をおかけするので)

ただ、1つ言うならば、

「臼井さんが1番伝えたいことは何なのか?」

ココをしっかり意識してレイアウトやスペースを考えましょう。

Step3.のポイントは、ここに尽きるんです。

<参考記事>

以下6つのことを事前に決めておくと

手書きPOPが、効果的に実践可能になります。

●Step0.商品を決める

●Step1.フォーマットを決める

●Step2.内容を決める

●Step3.レイアウトを決める

●Step4.ペンを決める

●Step5.設置場所を決める

バックナンバーをこちら。

■手書きPOP実践Step0.「商品を決める」

■手書きPOP実践Step1.「フォーマットを決める」‏

■手書きPOP実践Step2.「内容を決める」‏

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。