社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

POPで成果を上げるカギ、それは、、、

 

 

POPで成果を上げるには、どうすれば?

…考えられる1つの方法が、POPの量産です。

お客さんに見られるPOPが増えれば、

反響が出る確率も上がる。

では、POPを量産するには、どうすれば、、、

手書きPOPを学ばれている方から、よく受ける質問があるんです。

「スタッフも同じクオリティのPOPを書けるようになるには、

 どうすれば良いですか?」って。

…現場って、ほんと時間がない。

足りないですよね、時間。

そんな時、スタッフさんにもPOPを描けるようになってもらえれば、、、

オーナーや店長さんの負担も軽減される。

時間の有効活用もできて、POPも量産できる。

ほんと、いいことづくし、、、ですよね?

…ただ、手書きになると書く人によって文字の字体ってバラバラになる。

POPの字がバラバラになると、お店の雰囲気にも統一性が持てません。

来店されるお客さんの気持ちにも影響がでる。

では、どうすれば、スタッフさんにもPOPを書いてもらえるのか?

しかも、クオリティを落とさずに。

そこで、お店側ができる工夫としては、、、

・手書きPOPのフォーマットを作る・POPの台紙を統一する

・売場ごとに書く担当者を決める、こんな対策が考えられます。

書くコトや書く位置が決まっていれば、手書きPOPのクオリティはある程度、保てます。

当たり前だけど、意外とできていない部分だったりします。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です