日が経つのが早く感じる、その理由

「あれ?この番組、ついこの間観たと思ってたのに…」

「もう1週間経ったの?」

…TV番組を観たりしながら、こんな風に

日が経つのを早く感じたことって、ないでしょうか?

僕はしょっちゅうなんですが、

このような感覚になってしまうのには、ある理由があるそうです。

脳科学者の茂木さんが、興味深い話をされていました。

…以前、脳科学者の茂木健一郎さんが、こんなことをおっしゃられていました。

「新しいことがないと、毎日はあっという間に過ぎる」
記憶があやふやなので、言い回しとか違っていると思いますが。
このようなことを、何かのTV番組で話されていたんです。

大人になってくると、毎日があっという間に過ぎる。
「えっ、もう1週間過ぎたん? 
 ついこないだ、サザエさん観たと思ってたのに…」
みたいな感じで、ものすごい日が経つのが早く感じる。

・・・そんなことって、ないですか?
僕と妻は、毎週末になるたびに言っているような気がします。
その理由は、毎日に新しいことが起きていないから…だそうです。

ちょっとドキッとしてしまうんですが、そうらしいんです。
毎日が同じだと時間が経つのも早く感じるというか、印象や記憶に残らないからなんでしょうかね。
早く過ぎたと感じてしまう。

一方、子供っていうのは、それと違い…。
1週間経つのがものすごく長く感じる。
というか、今の僕たち大人の感覚から言うと、日の過ぎ方っていうのは、全然違うと思うんですね。
もっと、もっと、1週間の時間の流れを長く感じているはずです。

僕、ときおり、1週間単位で日が過ぎていっているんじゃないか?
って、思う時があるんですけど、子供にはそんな事ないはずだから。

…まぁ、どうしても仕事の関係上、サイトをずっと作っていたりしていて、毎日ずっと同じことをしなきゃイケない。
そんな理由もあって、日があっという間に過ぎてしまうと思うんだけど。
せっかくだから1日、1日をじっくり味わって生きたい、
そう思います。

今年もあと1週間。
1時間1時間、1日1日、しっかりと味わいながら過ごしたいと思います。
でも、やっぱりちょっとウキウキしています(笑)

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です