社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

手書きPOPって、人柄を伝えるのにモッテコイのツール

 

何かを買うときに選ぶお店。

その時の基準って、色々あると思うんだけど、、、

”人”の要素って、けっこう比重占めていたりすると思うんです。

 

これだけ似通った商品が出てくると、どこのお店も同じようなモノを売っている。

どこで買ったらイイのか、、、よく分からない。

その時のお店を選ぶ基準。 

その商品を販売している”人”、ココの要素って、大きいと思うんです。

 

「どうせ買うのなら、自分が共感できるお店の人のところへ行きたい」

「買いたい」って思いますからね。

 

・・・じゃあ一方、そのモノを販売するお店側の立場としたら。

そのお客さんがお店を選ぶ基準になるっていう、その「人(人柄)」。

そこをどうやって伝えていったらイイんでしょう? 

手書きPOPは、人柄が伝わりやすいツール

例えばね、今だったらFacebookとかがあるじゃないですか。

(僕のFBサイト)

そこで発信している内容やメッセージで、人柄が伝わってくる。

そういうの、よく言われていると思うんですね。

 

ただ、Facebookをやられていないお店の方もいらっしゃる。

そんな方は、どうすればイイか?

 

・・・手書きPOPです。

どんどん手書きPOPをつかっていきましょう。

 

例えば、こちらの1枚。

あるパン屋さんの手書きPOPです。

 

 

14158362266300

当店人気No.1  塩パン

塩パンをいっつも買ってくれるお客さんがおって

塩パン巡りをしゆと言いよったがやけど

ここの塩パンが1番おいしいって言ってくれて

今ではここの塩パンを広めちゃお、って1回に10個以上買って

他の人に配ってくれゆうんです。

 

それからは僕も気にかけてもらいゆうと思ってうれしくて

そのお客さんが来てくれた時、

その日の売れ数を報告するようになりました。 

 

 

 

・・・ 読んでみて、どうですか?

 

なにか伝わってきませんか?

 

こう、正直な感じというか。

なーんか読ませてもらうと、思わずニヤッとしちゃうというか。

店主さんのザックバランな人柄とか。

・・・なにか伝わってきませんか?

(実際に、POPを見ながら売場でプッ!と吹いているお客さんがいるそうです)

 

その書いた人の人柄が伝わってくる。

そして、その人柄に共感するお客さんがやって来てくれるようになる。

言ってみると、そのPOPを書いた(商品を売っている)人に思い入れを持ったお客さん。

そう、ファン みたいな方が増えるんです。

 

そこって、手書きPOPのすっごく大きなメリットの1つです。

 

・・・で、もう1つ。

この手書きPOPを置いたことで、こちらのパン屋さんにイイことがもう1つ起きました。

 

こちらのPOPで紹介している塩パン。

その売上が伸びたそうです。

 

「当店人気No.1」って書かれているように、もともとお店でも好評のパンでした。

そこでさらに、このPOPが登場。

すると、売れ数が伸びた。

こちらの手書きPOPを付けられたことで、以前に比べて月間の売れ数が4割増しに。

 

商品を売っているお店の人のファンが増える。

そして、その商品の売れ数も伸びる。

こんなイイことって、あんまりないと思う。

しかも、コストをかけずに出来るという意味ではなおさらね。

やらないとモッタイないかもしれません、手書きPOP をね。

 

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。