社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

売り込み感を抑えて商品を勧めるには…

販促物における、「売り込み感」は致命的に近いです。

読み手にストレスを与えてしまう。
響かない。
読もうという興味が湧かないんで成果も上がりません。

・・・もちろん、作り手側もそんなことは分かっているんだけど、ついやってしまう。
売り込んでしまう。
そんな感じでもないですか?

そこで、あることを意識するだけで、売り込み感を弱められる。
そんなやり方があるんです。

・・・それは、「書き手の存在を伝える」ということ。

「もう、聞き飽きた!!」
というくらい、このブログやメルマガで何度もお伝えしていることですね、
書き手の存在の重要性。
ほんと、ここがあるかないか?
で、読み手への響き方って大きく変わってくるんですよ。

例えばですよ…
あなたが今晩、友人と居酒屋へ行かれるとします。
そこでメニューを持ってきた若い店員のお姉さんに、
「これ、うちのオススメです」
って、勧められるのと、
「これ、僕がこのお店で1番好きなやつなんです。
僕の1番のオススメです。」

って言われるの、どっちを頼んでみたくなりますか?

書き手(お勧めする人)の存在感が伝わってくると、それは共感しやすい情報になる。

・・・売り込みか?
・・オススメ情報か?
ちょっとした違いで、大きな大きな差になってきます。

 

追伸:どうして、冒頭の画像が歯ブラシなのかというと…

    今日の午後、歯医者へ行く予定なんです。

    数日前から奥歯がイタイときあるし…虫歯じゃなかったらいいんだけど。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です