なぜ3年間で売上を1,600万円アップできたのか?お店に存在する『3つの秘密』。

ご縁をいただくお店さんの話です。

3年間で売上を1,600万円アップ
されているお店さんです。

ご縁をいただいたのが2017年の秋。

そこから約3年間一緒に
取り組ませてもらっています。

規模も関係するので
金額の大きい小さいは別として。

毎年売上を上げている、

その要因って何だろうか?

たまに考えるんです。

以前、ラジオに出演させてもらった時も
司会者さんから聞かれました。

司会者さん「何をされてるんですか?」

臼井「ほんと、すごいですよねー」

司会者「すごいですよねーって
まるっきり他人ごとですね」

その場でお互い大笑いしたのを
憶えています。

今年はコロナがあったので
売上の伸びは減りましたが
順調に何もなければ、

3年間で2千万円近く売上を
上げられていたと思います。

その最大の要因は、、

3つあると思っていて。

まず1つ目が、『店舗の力』が上がったこと。

店舗が力をつけられたので
ある程度、何もしなくても
ベースの売上が上がるようになった。

売場づくりであったり、
商品一つひとつの販促の仕方であったり、

そういった店舗の中の
細部の部分のレベルが上がった。

その結果、顧客単価も上がったし
定着(リピート)してくださる
お客さまの数も増えたのだと思います。

さらに2つ目の要因。

定期的な企画

年に4~5回、イベントを行っています。

例えば、1月、3月、6月、10月に
イベントを企画する。

簡単にいえば、
「○○祭り」みたいなイベントです。

こちらのお店さんは道の駅なので
地域で出荷される生産物に合わせて
イベントを企画しています。

他の業態でも同じことできますよね。

「○○フェア」でもいいし
自分たちで何か企画を立てて
打ち出していく。

お店に動きを出さないと
お客さまは飽きますからね。

いつも大体同じ売場、同じ商品。

変化がない。

単純に面白くないですよね。

男女関係だったら
浮気されても仕方ありません(笑)

たまには相手を喜ばせる
細工や仕掛けを施さないと。

面倒かもしれないけど
やはりそこは誠意じゃないですか?

ご縁をいただくお店には
毎月1回お伺いしています。

「次は何をするか?」
「何を目玉にするか?」
「どうやって打ち出すか?」

お伺いするたび、企画の打合せを
ほぼ毎回しています。

もちろん、前年のデータなども基にして。

さらに、3年で業績を1,600万円
アップされた要因の最後。

スタッフの頑張りです

毎月お伺いして打ち合わせるのは
現場の責任者さんとです。

責任者さんと企画の打合せや
現状のお店の課題、解決策、数字に
取り組んでいます。

さらにこのお店さんが凄いのは
一緒に働かれているスタッフさん。

皆さんが自分の得意分野を活かして
業務に当たられています。

売場づくりが得意な方もいれば
POPなど販促物を書くのが好きな方もいる。

新しい売場提案をする際には
お二人がタッグを組まれます。

他にも、新商品を企画するのが
好きなスタッフさんや、

コツコツと積み重ねる作業を
黙々とやられるスタッフさんもいらっしゃいます。

「みんなの笑顔が増えた」

中には、売場でつかう什器を
自宅でつくられてきたスタッフさんも
いらっしゃいました。

業務時間外にお店にきて
作業をされて帰られた方もいらしゃり、

「タイムカード付けてください」

リーダーの方が思わず苦笑いしてしまったことも。

20代、仕事が嫌で転職を繰り返していた
人間からすれば、信じられません(笑)

同時に、素晴らしい職場環境だな、
とも感じます。

「このようなお店さんがたくさん増えれば」

笑顔になる方も増える。

そう確信しています。

一人の笑顔は周囲にも伝染する

お父さんやお母さんが仕事を終えて
自宅に帰って来る。

その時、暗い顔で帰宅するのと
笑顔で元気に帰宅するのとでは、

お子さんに与える影響も違ってきます。

お父さん、お母さんが笑顔だったら
子ども達も笑顔になれる。

お店で働く従業員さんが笑顔だったら
お店に来るお客さまも元気をいただける。

現場スタッフさんが与える影響力って
とてつもなく大きいと思っています。

従業員さんが愛想が悪くて
笑顔のないお店に、
「また行こう」とはなりづらいです。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが

「従業員さんに今の仕事を
愛してもらう」

ここがスタート地点だと信じています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。