社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

同じ土俵で勝負しない

あなたのお店の50m先に、同業種のお店がOPENした。

しかも、ほぼ同じ商品、サービスなのに、向こうの価格は半値。

この状況、あなたなら一体どうやって打破されますか?

今日の高知の天気予報は、お昼から雨だったのですが…

なんとか持ちこたえています。

今晩、商工会さんでセミナーを行わせてもらいます。
テーマは、ニュースレター。
2時間のセミナーの中で、ニュースレターを書けるようになる、
そういう内容です。

実際、合い間合い間にワークを入れるので、最後には出来上がるんです。
本当に。

【商品】+【アルファ】の価値をつくりだす それがニュースレターの役割の1つ

【商品】+【アルファ】の価値をつくりだす
それがニュースレターの役割の1つ

 

僕がわざわざ言わなくても、いろんな人が言っていること。

「今って、モノが溢れた時代。
 だから普通に”モノ”を売っていると、価格で選ばられるようになる」
こんな話。

・・・よく聞かれるでしょ?

それは、そうですよね。
例えば、僕もたまに行くマッサージ。
たいがいのお店は、
『ボディマッサージ 30分 3,150円』
とかって、書かれているわけです、お店のメニュー表や看板には。

幸い近所には、同業種のマッサージ店がない。
だから、お客さんも来ているかもしれないです。

でも、でもですよ、、、

もしも、そのお店の50m先に、同業種のマッサージ店ができた。
そして、そのお店の看板には、
『ボディマッサージ 30分 1,500円』
と表記されていたとしたら??

・・・どうなるんでしょう!?

今までは同業種のお店がなかったから、お客さんもマッサージ代の相場的にこんなものかな。
と思って、来店されていた。
だけど、近くに自分のところよりも低価格のお店ができた。

さぁ、大変だ!!っていう話ですよね。
お客さんがそっちのお店へ流れていっちゃうかもしれないわけです。

・・・何も価格だけじゃないんだけれど、プラスアルファの価値を持っておく。
モノ(商品)+「●●●」
ここってすごく大事なことだと思います。
価格とか表層的なことじゃなくて、もっと本質的な部分でお客さんに選ばれる。
そんな何かを持っておくことって、すごく肝になってきます。

っで、その何かを生み出し、育む1つの方法がニュースレターだと思っています。

ちょっと、まとまりのない話になっちゃいましたが、今晩のセミナーの資料を整理しながら感じたことは、こんなことでした。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です