社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

POPの文章は短くないとダメ!?

よくPOPのご相談をお受けしていると、

「文章がまとめられないんです…。
 どうしても長くなっちゃって」
というようなお悩みを持っている方、結構いらっしゃいます。

POPって、短い文章でないといけない。
スマートで、耳触りのよいものじゃないとだめ。
・・・そんなイメージが、ものすごく強いみたいです。

あなたは、そんなことないですか?

専門家の中には、POPに書く文章は短くないとダメ!

ということをおっしゃっられる方がいます。

「パッとみて、何秒以内にお客さんは判断するんだから…
 文章は短く、スマートにしてください」というようなことをです。

 

文章が長くても読まれるんです

文章が長くても読まれるんです

僕は、ずっと小売で働いてました。
小売に対しての卸営業もしてました。
そんな現場の経験から言えることがあります。

それは、POPの文章は短くなくても読まれますよ、ということです。

むしろ、長い文章内容であれば、そこに立ち止まって読んでくれます。
お客さんっていうのは。

そして、その商品に対して強い思い入れを持つ。

POPに対しても、お店に対しても、強い共感をしめしてくれるようになる。
他のPOPも読んでくれるようになるし、POPを楽しみにお店に来てくれるようになる。
POPがそのお店のウリになる。
ほんとです。

・・・これ、僕の体験談ですから。

もちろん、読みやすくするなどの工夫は必要ですよ。
字を大きくしたりするなども。

でも、体裁が文章の羅列になっているから読まれない…っていうのは、??です。
そんなことは、ありません。
文章風のPOPだって、楽しそうに読んでもらえます。

勇気をもってください!男性陣。
男性がPOPを書く時っていうのは、女性に比べて文章が多くなることがある。
デザイン重視というより、内容重視、といった感じで(笑)

でも、それで大丈夫!
お客さんは読んでくれていますからね。
勇気を持って書き続けましょう。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です