社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

チラシでつい…やる過ち

「チラシ作られたことありますか?」
 
人にもよると思うのですが、チラシをつくるのって結構手こずります。
 
時間かけて、一生懸命つくっても反応なし・・・
 
っていうことも、ほんとよくありますし。
 
 
・・・反響がない要因の多くが、独りよがりの内容になっているパターン。
 
チラシをつくっていると、、、

ついつい自分だけの世界に入りこんじゃうんです。
 
周り(お客さん)のことが頭の中から消えるんです。
 
(僕も何度も経験してるからよく分かります)
 
 
それって、どんなこと?というと、、、例えば、
 
「格好つけた内容になっている」
 
「普段使わない言葉を使ってる」
 
「必要以上に写真を使ってる」
 
「妙にデザインを凝っている」
 
「お客さんの読む理由が見つからない」
 ・
 ・
 ・
こんな感じです。
 
 
要は、ちょっと格好つけ過ぎた内容になっているということなんですね。
 
(僕の苦ーい経験を込めて言っています)
 
チラシって、作品じゃないですよね。
 
「あなたの伝えたいこと」を伝える媒体です。
 
そして、お客さんに何かしらの行動をしてもらってこそ、成果なんですよね。
 
【綺麗なチラシ】 ⇒ 【反響あるチラシ】
 
ではないです。
 
↑ココの勘違い結構しがちがち↑
 
 
もしも今、頷きながらこれを読まれているのなら、断然、手書きのチラシにチャレンジです。
 
恰好のいいイメージでなくても良いという覚悟があるのなら、手書きです。
 
お客さんが手に取ったとき、
 
「何、これ・・・!!」
 
って、目が留まりますから。
 
(チラシの反響が出ない圧倒的な要因は、読まれない・・・です)
 
もっと言うと手書きだと内容がそんなに尖っていなくてもお客さんの心象に残ります。
 
 
DSC_0397
 
 
とにかくチラシを書くときは恰好よくしよう、とは思わないこと。
 
耳障りのいい言葉を使おうと思わないこと。
 
素でいきましょう。
 
あなたの普段通りの言葉で伝えましょう。
 
初めはその勇気、必要だと思います。
 
でも、その方がきっと伝わります。
 
お客さんにも喜ばれると思いますよ。
 
 
 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です