【会員さん事例】1枚のチラシからラジオ出演、集客を仕組み化した中古バイク店

伝え方、コミュニケーションを学べば
商品が売れるだけでなく、集客も実現できる。

常々そう思っています。

今回ご紹介する会員さんもそのお一人です。

チラシ集客を実践した結果
マスコミから取材を受けました。

地元のラジオ番組へ出演されました。

マスコミに出演すれば
お店の認知度は一気に高まります。

集客にも直結します

会員さんのお店にもお問い合わせが殺到しました。

「マスコミの取材を受けるお店=人気のお店・信頼できるお店」

という印象を持たれやすいです。

お客さまへのイメージも良くなります。

産直店時代、何度かテレビなどの取材を
受けたことがありますが、その効果は凄まじいです。

媒体によって効果が続く期間は
まちまちですが、いずれの場合も売上は一気に伸びました。

しかも、無料。

こちらからお金を支払い
お願いするのではなく、
先方から依頼をいただき取材を受ける。

無料でお店の認知度が高まり売上も上がる。

これほど美味しい話はありません。

次にお話しするのは、実際に
ある会員さんのお店で起こったことです。

ある日、チャンスが舞い込んだ

毎月お会いし、継続的にご縁をいただく
地方のあるバイク中古販売店さん。

「今まで使っていたチラシをブラッシュアップしたい」

というご相談がきっかけでした。

勉強熱心な会員さんで
既にマーケティングノウハウがたっぷり詰め込まれた
チラシをご自身でつくられていましたし、

集客にもつながっていました。

しかし、

「プロの視点から、さらにブラッシュアップして欲しい」

とのお話で、新たなスパイスを付け加えました。

そのチラシを定期的に新聞折込や
ポスティングしていきました。

すると、ある興味深い出来事が起きました。

POPコミュニケーションを学べば集客も実現する理由

会員さんのチラシが
あるラジオ番組の編集担当の方の目に留まり、

「ラジオに出てもらえないか?」

出演依頼が舞い込みました。

「これはチャンスですよ」

と二人で盛り上がりながら
会員さんに出演していただきました。

効果はテキメン、ラジオを聞かれた
複数の方からバイクの買取や
注文のご連絡をいただきました。

無料のラジオ出演から数か月経過しても
集客につながり続けました。

先程お伝えしたように
ラジオ出演の依頼が入ったキッカケは
1枚のチラシです。

おそらく番組の担当の方はチラシを見たときに、

「このお店は信頼できる。このお店なら大丈夫」

と感じられたのだと思います。

その理由は、会員さんのお人柄や
ご商売への姿勢が前面に出たチラシ紙面だったから。

もしこれが、商品の特長を
伝えるだけのものであれば
ここまで話は膨らまなかったと思います。

「集客がすごく楽になりました」会員さんの声:中古バイク販売店

今回の主人公の中古バイク店の会員さんに
インタビューをさせていただきました。

1分弱の短い動画のなかで
POPコミュニケーションの威力をお伝えくださっています。

実物チラシ無料で全公開

チラシ集客

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。