【会員さん事例】非常識チラシで1年経過しても注文の電話が鳴り止まない仕出し飲食店

1通のメッセージが…

ある日の正午、12時50分のこと。

「本日折り込みですが早速注文頂きました!

のべ100~150個の500円弁当です。

チラシ費用は21000円ぐらいでしたので
回収はできそうです!ありがとうございます」

地元の海岸で家族で釣りをしていると
スマホにメッセージが入りました。

人口1万4千人の町で
仕出し・飲食店をされる会員さんからです。

結論を先にお伝えすると
新聞折込で上記の結果を掴まれました。

実はこの会員さん、すごいんです

過去にも、手書きチラシで
過去(12年間)最高の注文数を売り上げられたり、

チラシ折り込みから1年経過しても
ご注文の電話が鳴り止まなかったり。

(1年経っても…ですよ)

チラシを撒いたご経験があれば
どれほど凄いことなのか?

実感いただけると思います。

そして、あらためて戦略を練り
チラシ折り込みを実践された。

すると結果は、先ほどお話ししたとおり。

500円のお弁当を100~150個受注。

「500円のお弁当でしょう?単価が安いから…」

思われましたか?

もしそうだとしたら
ご商売をもう少し戦略的に視る必要がありますよ。

偶然じゃなく狙って掴めるか?

会員さんは500円のお弁当の
受注だけで終わられると思いますか?

会員さんのお店では仕出しもされています。

5千円、1万円のオードブルのご注文も受けられています。

…分かりますよね?

今回の結果はラッキーパンチでは
決してありません。

「1年間テストしようと思っています」

会員さんが折り込み前に
おっしゃっていたように
独自の戦略があっての結果です。

たった1つ想定外のハプニングが起きたとすれば、

初回からこれほどの成果を
手にされた、という事でしょうか。

(いえ、会員さんは想定済みだったかもしれません)

地元でちょっとした有名人に

また、これ余談なのですが、
先日、会員さんがこんな事もおっしゃっていました。

ついこの間、車を運転しているときに
信号待ちをしていたら、隣の車の窓が
ウィーンと開いて、

「あのお兄ちゃんやろ?チラシ見てるで!」

声をかけられたそうです。

声をかけてくださった隣の車の方は
男性のオジサンだったらしいのですが、、

さすがにこれには会員さんも苦笑い。

それを聞いて、私も大笑い(笑)

会員さんのチラシをご覧になると
分かるのですが、まー、人柄が出ています。

『商品』を売るのではなく
『会員さんの人柄』を売ったチラシです。

なので、チラシを読まれた方は、ファンになる。

なので、今回のようなハプニングも起きますし
チラシ配布から1年経っても注文が止まらない、

なんてことも起きるのです。

魔法のチラシで過去最高受注。1年経っても注文が止まらない

これからも継続的にチラシを
折り込んでいくことで、どんな結果を掴まれるのか?

会員さんのご商売がどんな展開に広がるのか?

可能性がいっぱいで楽しみで仕方ありません。

そんな地元ではちょっとした有名人の
会員さんにインタビューさせてもらいました。

(噂の魔法のチラシを持ってコメントくださっています)

※追伸

ちなみに、こちらで会員さんの実物チラシを公開しています

○飲食店、洋菓子店、写真店
3つのお店が集客に成功したチラシを全公開

下記をクリックして、集客できるチラシの秘密を
確認してみてください

店舗のチラシ集客事例を無料公開

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。