販売が苦手な人がお客との関係を壊さず、商品を買ってもらう方法

会員さんからよくお聞きする言葉の1つに、

「売るの苦手なんですよね」

というのがあります。

商売をする以上
セールスをしなきゃいけない。

ただ、バリバリ売るのは苦手。

お客さまに気持ちよく買ってもらい
こちらも気持ちよく売る。

お客さまとの関係性を壊さず
アピールできるのが理想なんだけど…

会員さんの心中を代弁させて
いただくと、こんな感じです。

この方以外にも商品を売るのが苦手。

お客さまとの関係を築きながら
商品を売る事ができれば、
という会員さんは多いです。

というか、ご縁をいただく
9割以上の方がそうかもしれません。

「私もそうなんです!」

と思ったなら、今回ご紹介する
事例は参考になると思います。

商品を売らなくても売上は上がる。

お客さまは来店してくれる。

それを実現された会員さんの事例です:

ちょっと誤解のないように
お伝えしておくと、

商品をきちっと売らないと
基本、買ってもらえない。

売上は上がりづらい。

そう思っています。

ただ、その売り方の違いですよね。

販売者に共感してもらったうえで
商品を売る。

1:共感
2:販売

この順番を踏んでいけば
お客さまとの関係性を築きながら
商品も売れやすくなると思うんです。

逆に、共感がないと売れづらい。

特にライバルが多い
競争が激しい業種ほど

1:共感

このステップが重要性を
持ってくると思っています。

ただ共感っていうと
あまりにも抽象的ですよね。

「お客さまに共感してもらうのは大事」

そんなの臼井に言われなくっても
分かっているよ。

という感じだと思います。

具体的にどうやって共感は
生み出せるのか?

今回ビデオでご紹介する
会員さんのお店は商品を売ることなく
共感を通じて

開業以来第3位の売上を記録。

そこでおこなったことは
商品をPRしたことではありません。

共感を生むために、

別の『ある』ことを
お客さまに伝えまくりました。

お客さまとの関係を壊さず
商品を買ってもらうにはどうすれば?

こちらがヒントになると思います:


小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。