読書が行動力を奪ってるという話

読書大好き。
体を動かすより本を読む時間が長い。

そんなあなたは危険信号です。

結果を掴む人。
掴めない人。

この違いって、一体どこにあるのか?

その1つが行動力ですよね。

結果を出す人は明らかに
行動量が多いです。

数撃ちゃ当たる。

じゃないですけど
ガンガン挑戦していきますよね。

逆に、結果を掴めない人は
全般的に行動量が少ないのだと思います。

行動量が少なければ
必然的にうまくいく確率も低い。

量が少なければ上達するスピードも遅い。

誰でもわかっていますよね。

じゃあ、その行動量の差って、
どこから生まれるのか?

極論をいえば、

怖がっているか?
怖がっていないか?

の差だと個人的に思っています。

何か新しいことをやるときに
上手くいかないのが怖い。

そして傷つくのが怖い。

だから動けなくなる。

これが行動量の差となって
現れるのだと思うんです。

「本を読むのは後。
まず土を触れ。土の匂いを嗅げ。」

これ、大好きなある有機農家さんから
教えてもらった言葉です。

業界では結構な大御所農家さんです。

新規就農を目指される方々に
農業も教えられていました。

その時にお聞きしたんです。

「何でも本で調べようとする。
そんなのは後だ。

まず畑で土を触れ。土の匂いを嗅げ。

現場で分からないことを
本で調べればいいんだ」

お聞きしてもう10年近く経ちますが
いまだに心に深く残っています。

恥をかくのって誰でも嫌ですよね。

「またしょうもない事やって」

周囲からバカにされるの
イヤですよね。

だから、うまくやらないと。
失敗しないようにしなければ。

そんな無意識が働くと思うんです。

そして準備に時間を費やす。

体を動かすより先に
頭を働かせようとする。

もちろん事前準備は必要です。

ただ、あまりにも準備に
時間を割くがあまり荷物が重くなる。

動けなくなる。
いつしか出発するのが面倒になる。

出発を延期する。

なーんてことが多いのかな
と個人的に思っています。

頭でっかちになっても
なにも得られません。

ヘンに賢くなっても良い事なんて
なんにもありません。

行動からしかヒントは掴めない。

行動した者にしか見えない世界が
あるはずです。

1:まず畑へ出る
2:土を触る、匂いを嗅ぐ
3:そこで得たこと、分からなかったことを調べる

行動力アップの秘訣が
全て集約されている気がします。

もっともっと行動していきましょう。

いろんな事にチャレンジしていきたいですね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。