販促物にも人間性があらわれる

 

今って、テクニックがいーっぱい溢れてる。

 

「こんな言葉がけすると、売れやすい」

「こんなキャッチコピーが反応率を上げる」とか、、

ほんと、いっぱいね。

 

・・・でもね、僕思うんです。

 

結局は最後、人間性の部分。

ここが大きく影響するんじゃないのかなぁ、って。

最後はそこが出るんじゃないの、って。

 

 

娘の作品 「ムンクの・・・」じゃないんだけど いったい、誰を書いたんだろう!?(笑)

娘の作品
「ムンクの・・・」じゃないんだけど
いったい、誰を書いたんだろう!?(笑)

 

 

テクニックを使うのがだめ。

とか言っているわけじゃないんだけど、そこに注力し過ぎるのもどうなの?

って、たまに感じます。

 

たしかに、目を引く言葉。

読み手にインパクトを与えるフレーズとかって、あります。

それらを意識して活用することで、反響も出やすくなる。

即効性もある。

そうかもしれないです。

 

・・・でも、そういった広告物で集まる方は、そういう方です。

自身(あなた)の言葉で伝えたメッセージに共感してくれる方とは違います。

 

あなたの思いを伝えて、

そこに共感してくれた方はお付き合いも長くなる。

 

ずっと応援してくれる。

そうなる傾向が強い。

 

キレイごとのように聞こえるかもしれないけど、僕はそうだと思う。

 

意外と見栄えパッとしなくても、本心を正直に書いているメッセージって伝わったりする。

読んだお客さんから何か言ってもらえることって、多いです。

伝わるんですよね、ちゃんと。

そこが抜けちゃうとねぇ、、、

 

・・・来月行うセミナー内容を考えていると、ふとこんなことを思いました。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。