手書きPOPで継続的に成果を上げる方法~あるパン屋さんで実際にあった話

 

手書きPOP コツ

 

手書きPOPで継続的に成果を上げる。

そんな方法があります。

 

「数値をしっかり把握する」。

ここなんです。

これから売りたい商品。

  • その現在の売れ数は、いくつなのか?
  • これから手書きPOPをつかって、いくつ売りたいのか?

「現状」と「目標」、

この2つの数値をしっかり抑えておく。

すごく地味な作業に思われがちだけど、手書きPOP販促に欠かせないんです。

数値は、モチベーションを高める材料になる

例えばね、僕がサポートしているお店さんによくある話なんだけど。

手書きPOPを書いた。

1ヶ月後に、その報告をお聞きする。

「売れているみたいです」

っていうお話をよく返事をうかがうんですね。

 

「売れているんです」

っていう言葉に対して、僕が、

「…どれくらい売れたんですか?」

「…この1ヶ月間で、その商品はいくつ売れたんですか?」

って、お聞きすると、けっこう把握されていない店主さんが多いです。

 

そこから僕と一緒に、売れ数をチェックする、、、みたいな。

レジのデータを見たりして。

っで、

「臼井さん、売れてます!」

って、店主さんの顔色が少し変わりだすんです(笑)

 

あるパン屋さんでは、こんなことがありました。

気がついたら売れていた、、、パン屋さん

手書きPOPをお店で実践された、あるパン屋さん。

取り組み後、1カ月経ってあらためて訪店。

この1カ月間の報告をお聞きしたんですね。

 

すると、前回一緒に書いた手書きPOPの商品が売れていることが判明。

 

僕:「前回POPを付けた商品、どんな感じですか?」

店主:「結構、売れてるみたいです」

 

僕:「結構って、どれくらいですか?いくつ売れたんですか?」

店主:「いやぁー、ちょっと分からないですが、、、」

 

僕:「なにか売れ数を調べられる方法はないですか?」

店主:「ちょっと待ってくださいよ。レジのデータを見れば、分かると思います」

 

…レジ画面をさわりながら、データを出す店主さん。

するとレジからレシートが、「ガシャガシャ」出てきました。

 

店主:「あらっ、結構売れてますね」

僕:「どれくらいですか?」

 

店主:「先月1カ月で、●●(商品名)は、1,000個は売れてますね」

僕:「おぉー、1,000個ってすごいですね。…ちなみに、普段はいくつくらい売れる商品なんですか?その前の月の売れ数は、何個ですか?」

 

…これまた、レジの画面をいじりだす店主さん。

 

店主:「臼井さん、その前の月の7月の売れ数は、700個くらいですねー」

僕:「ほぉー、っという事は。手書きPOPを付けた先月が1,000個でしょう。それまでの700個からいくと、売上が上がっているじゃないですか。だいたい4割増しですよね、手書きPOPの効果が出ているじゃないですか」

 

この事実を知った店主さん。

そこから手書きPOPに対する意欲が湧き出したのは、言うまでもありません。

その月からお店の売場には、店主さんの手書きPOPがさらに増えていきました。

最低でも、

  • 現在の売れ数
  • 手書きPOP実践後の売れ数

この2つの数値はおさえましょうね。

 

あと、できれば、

「手書きPOPを実践することで、どれだけ売りたいのか?」

…3割増しなのか?

…5割増しなのか?

目標数値も設定しておくのがベターです。

 

そうすると、実践後に数値を対比しやすくなりますよね?

【現状】:【目標】:【実践後】

現実の状態を客観的に視れるようになる。

現状を知ることで、

「何かやらなきゃ、、、」とか

「いい感じでいってるじゃん。この調子で継続していこう」とか。

 

すると、何かしらの感情が湧いてきそうな感じしませんか?

行動へのモチベーションも変わってきそうじゃないですか?

 

手書きPOPを実践するときには、一緒に数値もおさえておく。

それが、手書きPOPで継続的に成果を上げる道につながってきます。

 

さて、あなたが現在、手書きPOPを付けられている商品。

それまで(POPをつける前)は、いくつ売れていたのでしょう?

そして、今回POPを付けることで、いくつ売りたいのですか?

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。