【お悩み相談】入店率を上げたい

 

ブラックボード 質屋

 

手書きPOP極意」お申込み者より、ご質問をいただきました。

当店は昔からの質屋で、買い取った商品を販売しているのですが、まだまだ昔の質屋の感覚が抜けないお客様が多く、入りずらい、足を踏み入れる事に勇気がいる等の声が多く聞かれます。

一度入ってしまえば、なんてことはないのですが・・

そこで、気軽に入って入店できるようなPOPを作りたいと思うのですが なかなか良い案が浮かばずメールさせて頂きました。よろしくお願い致します。

 

こちらのご質問は、実店舗をされている方にとって切り離せない課題。

その1つだと思いましたので、ここでも取り上げさせてもらいました。

気軽に入店できるお店とは?

さて、ご相談者の方が書かれているように、

「気軽に入ってもらえるための店づくり」

ここを実現させるには?

…の前に、

  • どうして、お客さまは気軽に入店しづらいのか?
  • どうして、お店に入るのに抵抗があるのか?
  • そして、どんなところに抵抗を感じるのか?

まずは、ここを考えてみる。

すると、課題が具体化される。

そして、ヒントが見つかりやすいのではないか?

そう考えてみました。

 

さらにイメージを湧きやすくするために、実際にあるお店を例に当てはめて考えてみます。

 

舞台は、美容院。

あなたは、今通っている美容院に満足していない。

新しい美容院を探している。

すると、近所に1軒のお店を見つけた。

だけど、そこのお店に行こうかどうしようか?

迷っている。

 

そんな時、あなたは心の中でどんなことを感じているんでしょう?

  • …価格がいくら位なのか分からないし
  • …高かったらいやだよなぁ
  • …お店のなかの雰囲気はどんなのだろう?
  • …お店の人って、どんな感じの人なんだろう?
  • …髪切るの上手かなぁ?
  • …誰か知り合いで、ここに通っている人いないかな?
  • 、、、、、

などなど、いろんな事が思いつくと思います。

 

さらに、今回ご質問をくださった方の場合であれば、質屋さんですよね。

であれば、

  • 1回お店に入ったら、出にくいんじゃないか?
  • 何にも買わずに出るの気まずいんじゃない?
  • お店の人って、気難し(話しにく)そうなオジサンかなぁ?
  • どんな商品が売っているんだろう?

とかっていうのも、お客さまは気になっているかもしれない。

 

じゃあ、ここまででお客さまの入店を阻む。

入店へのハードルが何となくイメージできたとして、、、。

次にするのは、

課題を一つひとつ潰すこと。

先ほど挙げた、初めてお店を利用する際にお客さまが感じていること。

箇条書きで挙げた各項目。

それに対する解決策を考えていきます。

 

例えば、先ほどの美容院の例でいけば、、、

  • …価格がいくら位なのか分からないし
  • …高かったらいやだよなぁ
  • …お店のなかの雰囲気はどんなのだろう?
  • …お店の人って、どんな感じの人なんだろう?

というようなお客さまの課題が挙がったわけですよね。

じゃあ、そこに対する解決策を考えてみる。

 

  • …価格がいくら位なのか分からないし

→メニュー価格をお店の前(ブラックボード)に提示する

 

  • …お店のなかの雰囲気はどんなのだろう?

→店内の写真を(入店しなくても分かるように)、店頭のブラックボードに貼る

 

  • …お店の人って、どんな感じの人なんだろう?

→店主さん(あなた)の写真をブラックボードに貼る

→初めてのお客さまへあなたからのメッセージを書く

 

こんな感じで(今はザクッとですが)、

【お客さまの不安】を解消するための【アイデア】を挙げていく。

そして、順に実行にうつしていく。

これがまず、今出来ることじゃないでしょうか?

 

今回の質問者の方は、手書きPOPをつかってお客さまの入店率を上げたい。

そこまで考えていらっしゃいます。

じゃあ、次は、

「(新規の)お客さまは、(どんなことを不安に思って)入店へ抵抗を感じているのか?」

そこを考えて、解消してあげるメッセージを考えていく。

ここが、まず1つの方法になってくるのではないでしょうか?

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。