手書きPOPに必要なこと

 

duck-783684_640

 

あなたの「オススメ」、きちんとお客さまに伝えられていますか?

 

「今、チカラを入れて売りたい商品はどれなのか?」

お客さまに届いていますか?

 

あなたの意志をお客さまへ伝える。

実はこれ、手書きPOPで成果を上げる上でも欠かせないポイントの1つです。

ちょっと事例を出しながら、お伝えしていきますね。

飲食店の手書きPOPメニュー

まずは、こちらの手書きPOPを見てもらえますでしょうか。

僕のセミナー参加者さんが書かれたPOP、

…じゃなくて、うちの6才の娘が書いた手書きPOPです(´-`)

 

DSC_0019

メニュー

サンドイッチ100

フライドポテト120

パン200

ハンバーガ350

くろわっさん150

めろんぱん200

 

「いきなり、なに見せてんねん!?」

って、怒らないでくださいね。

 

この6才の子どもが書いた手書きのメニューPOP。

ここから僕たちが学べる点があるんです。

 

…このPOPが書かれた背景を少しだけお伝えすると。

うちの娘、いまお店屋さんごっこにハマっていて。

  • 娘:店主
  • 僕:お客さん

この役割でお店をよく開いています。

 

でね、このときは自分でメニューを用意。

「ハイ、何にしますか?」

って、お客の僕に注文を聞いてきました。

 

僕はひと通りメニューを見て、店主さんにこう訊き返しました。

「お店のオススメって、どれなんですか?」

お客さまは買うモノが分かっていない

購入した商品の70%~84%が、お店で買うことを決めたもの。

ある(高品質)スーパーで実施した調査データです。

 

お客さまは買う商品の大半をお店で決めている。

そう解釈できる調査結果です。

 

僕もこれと同じような質問をセミナーの場でするんです。

スーパーへ買い物へ行ったとき、買うものの中で、

  • 事前(来店前)に買うことを決めていた商品
  • 来店後に買うことを決めた商品

どっちが多いですか?と。

 

すると、7~8割の方が後者の来店後に買うモノを決めた、、、

という方に手を挙げられます。

(特に女性が多いです)

 

ここから視えてくることは何か?というと。

  • お客さまは何を買ったらいいのか分からない
  • お店での情報を頼りに買うモノを決めている

そういう方が多い、ということじゃないでしょうか?

お客さまにとっても有難いこと

だったらですよ、冒頭の話。

6才の子が書いた手書きPOPに戻りますが。

 

「あなた(お店)は何をオススメしているのか?」

ここをきちんとお客さまに伝えておいたほうがいい。

ということでもないですか?

 

だって、お客さまは何を買えばいいのか分からなくて迷っているんだから。

「何を買えばいいのか」

あなたがオススメしてあげることは、お客さまの手助けになる。

助かること。

有難いこと。

そう、とれませんか?

 

「今、お店でのオススメは何なのか?」

手書きPOPでも、お客さまに分かるように表現してあげましょう。

 

お客さまが手書きPOPを見たときに、

「どれがオススメなのか?」

一目で(聞かなくても)分かるように、伝えてあげましょう。

 

…最後にもう一度、先ほどの手書きPOPを見てみてください。

 

上から2行目の「サンドイッチ 100」と書かれたところ。

よーく見ると、「おすすめ」って、書かれているでしょ?

 

お客さんに言われて、店主さんが書き足しました(笑)

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。