販促物を書けば人生が変わる

自分に自信を持ちたい。

・・・そう思ったことって、ないですか?

自分に自信が持てれば、明らかに人生が変わる。

断言しても嘘じゃない。

そう言えるくらい、自分に自信を持つことって、

人生に与えるインパクトって、大きいと思う。

・・・じゃあ、その自信をつけるには、どうすれば?

実は、その秘密が販促物と関係している。

そんなこと言ったら、あなた、信じます?

「自分に自信が持てれば、明らかに人生が変わる」

こんなこと言っても、決して大袈裟じゃないと思う。

だって、毎日が楽しくなるし、極端に言えば、歩く姿勢だって変わる。

胸を張って、背筋を伸ばして自然と歩くようになる。

ほんと、人生がバラ色になる。

・・・んだけど、実現はなかなか難しく。

どうすれば、自分に自信を持てるのか?

 

手書きPOPや販促物に、「あなた」のことを書いていきましょう。

って、いつもお伝えしています。

モノやサービスの情報よりも、「あなた」に関わるメッセージを伝えよう。

そうすれば、お客さんの反響もよくなるし、商品も売れるようになるから、、、って。

「あなた」に関わるメッセージを発信すれば、販促物が読まれるようになる。

手書きPOPが売上に繋がるようになる。

これが「あなた」を伝える最大のメリットです。

・・・なんですが、、、

実は、これ以外にも、大きな、大きなメリットがあって。

それは、自分に自信が持てるようになる。

ココなんですね。

手書きPOPやニュースレターなどで、あなたのことを書く。

あなたの話と商品とを結びつける。

そんなメッセージを書いていくコトで、お客さんにあなたのことを分かってもらえるようになる。

「あっ、ここのお店の●●さんって、こんな感じの人なんだ」

「こんなことが好きな人なんだ」

みたいな感じで、価値観みたいなのが何となく伝わり出す。

うまくいけば共感も生まれ出す。

あなたに対しての・・・ね。

そして、それがしばらく続くと、あなたが発信する情報に耳を傾けてくれるようになる。

POPに書いたメッセージを信じてくれるようになる。

店頭ボードでお勧めした商品を信じて、買ってくれるようになる。

・・・っで、そんな現象に気づいたあなたは、どう感じるか?

自分のお勧めした商品が売れている。

そんな事実を知ったあなたは、どう思うのか?

自分の存在意義を感じ出すんです。

なんか、今の仕事をやっててよかったぁ。

この仕事も悪くないやんみたいな。

販促物のメッセージの中で、あなたの思いを書く。

・・・自分が発信した情報が相手に伝わる。

響く。

そして、信頼される。

こんな嬉しいこと、仕事冥利に尽きることって、ないです。

実は、商品を売るためだけじゃないんです。

仕事に楽しさ、やりがいを感じるため。

もっと言えば、毎日を楽しく過ごすためでもあるんです。

僕は、そう思っています。

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。