【手書きPOPの効果】お客さまが商品に興味を持って、話しかけてくれるようになる

 

手書きPOPっていうのは、商品を売るのが苦手な方には超お役立ちツールです。

うまく使えれば、非常に心強い相棒になってきます。

 

あなたが商品を売らなくても、手書きPOPが代わりに売ってくれる。

あなたの代わりに、お客さまへ商品の話をしてくれる。

そんな存在になります。

 

超間近に、ひつじの観察をしてきました。

超間近に、ひつじの観察をしてきました。

「商品は売らなくてイイ」

以前、大阪でセミナーをした時にある美容室のオーナーさんがこんな話をしてくださいました。

もともと商品を売るのが苦手。

商品の話をしているときに、お客さまの顔見れない。

ものすごくしんどそう顔をして、話を聞かれているのが見ると苦しくなる。

だから、うちでは商品を薦めるのを止めていた。

 

美容室っていうと、店販の商品があるわけです。

シャンプーとか化粧品関係のものが。

それらをお客さまに買っていただくために商品の話をする。

美容室では、定番な光景だと思うんです。

 

しかし、お客さまにしたら、

「もう、売り込まれてるー」

っていう風に感じられている。

 

というのを、その美容室のオーナーさんもみずから感じられていたわけです。

 

っで、お客さまのそのしんどそうな顔を見るのが、苦しかった。

だから商品の話をするのを止められました。

スタッフさんにも、

「商品は売らなくていい」

「商品の話をお客さまにしなくていい」

そう指示されていたそうです。

 

しかしあるとき、オーナーさんは手書きPOPのことを知ります。

というか、以前からご存知だったんだと思います。

手書きPOPを実践される機会と出逢った、というほうが適切な表現かもしれません。

偶然、僕が無料で配布している「手書きPOP7つの極意」を知られた。

そして、ダウンロードして読まれた。

手書きPOPをお店で実践されました。

年に5~6本だったのが、月に56本売れた

書かれたA4サイズの手書きPOPをラミネート。

鏡の横に設置されました。

POPを書いた商品は、1本3,240円の化粧水。

 

以前は、だいたい1年で5~6本売れていた商品。

その商品が、なんと58本も売れたそうです。

【年間売れ数:5~6本】⇒【月間売れ数:58本】

 

すごいですよね。

っで、その売れるようになった変化を詳しくお聞きすると、こんなことをおっしゃっています。

こちらから商品の話をしなくても、お客さまの方から聞かれるようになった

 

そう、とられているスタンス的には以前と同じ。

商品の話をして、お客さまがいやな気持になられるのイヤ。

だから、こちらからは特に積極的なアプローチはしない。

 

ただしかし、手書きPOPを設置されたことで起きた1つの変化があった。

「お客さまから商品のことを聞いてこられるようになった」

ということです。

 

 

今回の美容室さんのは、手書きPOP実践後の変化が特に顕著なケースです。

ただ、ここまで極端な変化とまでいかなくても、僕のまわりでは結構いらっしゃいます。

手書きPOPをつけたら、今まで売れていなかった商品が売れるようになった。

驚いている。

っていうご報告をごく日常的にいただきます。

 

「商品を売るのが苦手、、、」

「どう、お客さまへ商品の話をしていいのか分からない、、、」

そういう方には必須ツールとして、手書きPOPを活用していただきたい。

そう思ってます。

 

今回の美容師さんのように、売上的効果も上がる。

そして、何よりへんなストレスが減るんじゃないかな。

「お客さまにどんな風に商品の話をしたらいいんだろう?」

っていうね。

 

手書きPOPを通じて、より多くのかたに仕事をさらに楽しんでいただきたいです。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。