「サンキューレター書かれています?」ぼくはこんな風にして書いています。

 

美容院や治療院、サロンなどのサービス提供型のビジネスの場合、

1度来店してもらったお客さまに、リピートしてもらう。

言うまでもなく意識されていらっしゃると思うんです。

 

そしてその1つの施策として、

「サンキューレター(お礼状)を書いたほうがイイのかな?」

なんて考えられている方も多いはず。

 

書いた方がいいか?

書かなくてもいいか?

その答えは僕にもわかりません。

されているお仕事ややり方、その方針によっても違うと思うので。

 

ただ僕は、お礼のハガキは可能な限り書かせてもらっています。

というわけで、今日はサンキューレターに関して僕自身が経験、意識している話をします。

「ずっとご縁を続けたい…」という想い

僕の話をさせてもらうと、一度ご縁をいただいた方。

名刺交換をさせてもらった人には極力、全員にハガキをお送りするようにしています。

(バタバタすると、抜かるときもあるんだけど)

 

というのも僕のなかで、

「一度お会いした方と、いかにご縁を続けられるか?」

というのが、もっとも大切にしたいところなので。

 

一度逢うっていうのは、偶然とかいくらでもチャンス(機会)はあると思うんです。

だけど、2回目。

その後も何かしらご縁を続けさせてもらえる。

そういう方っていうのは、ものすごく限られてくると思うんですね。

 

だからこそ、いかにその方とご縁続きができるか?

そのためにどんなことができるか?

っていうことを意識しながら、ハガキを書かせてもらったり、ニュースレターを送らせてもらったりしています。

(もちろん、中には一度キリでいいやと感じる方もいらっしゃいますが(笑))

 

そんな普段、僕がサンキューレターというわけじゃないけど、一度お会いさせてもらった方に書かせてもらっているハガキ。

その話をこちらの動画で語ってみました。

僕はこんな風にお届けしています、サンキューレター(お礼状)

 

こんなこと言うと元も子もないんだけど、書き方なんかに正解なんてないと思っています。

しいて挙げるとすれば、その方とお会いして、、、お話しして、、、

  • 印象的だったこと
  • 嬉しかったことなど

自分はどんなふうに感じたのか?

っていうことをお伝えする。

それが、ハガキを受け取られる方にとっては嬉しいんじゃないかな?

そんな風に僕は思っています。

 

喜んでもらえたら、こっちにもその気持ちは伝わってくる。

そしてハガキを書くのが楽しくなる。

いい循環になって継続もしていくはずですよね。

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。