「目を引く手書きPOP」をつくる3つの実践策。これだったら、今すぐデキる!

「目を引くPOPを書くには、どうすればいいんだろう?」
一度は考える悩みの1つじゃないか、と思います。

手書きPOPを書いた。
だけど、いまいち成果が出ていない。

「もしかしたら、お客さまの目が留まっていないんじゃないか?」
「どんな風にしたら、目を引くことができるんだろう?」

原因を探る。
よくお聞きする話です。

今日は、お客さまの目を留める手書きPOPをつくる、
初心者でも実践できる方法の1つをお伝えします。

目を引くPOPをつくる際の「2つの視点」

まず、目を引くPOPをつくるには、2つのアプローチ策があります。

  1. 「内容」の工夫
  2. 「魅せ方」の工夫

この2つです。

1.の「内容」というのは、キャッチコピーやメッセージといった伝える部分です。
これらメッセージをブラッシュアップさせることで、お客さまの目を引く工夫です。

一方、後者2.の「魅せ方」は、外見の部分。
要は、デザイン的な要素です。
見た目の工夫になってきます。

ちなみに今日お伝えするのは、後者「魅せ方」工夫の話です。

ある食品メーカーさんの手書きPOP事例

では、事例をご紹介しながらお伝えしていきます。
まずは、こちらをご覧ください。

ある食品メーカーさんの手書きPOPです。

食品メーカー(製造業)の手書きPOP

こんにゃくで鉄板焼き!?

フライパンで炒めるだけ!
付属のたれにからめれば、5分で1品でき上がり!!
こんにゃく料理がグッと身近になります^^

こんにゃくを製造。
量販店やお土産店などへ卸販売される会社さんのPOPです。

得意先店舗の売場の棚でつかう。
商品と一緒に並べるためにつくられた手書きPOPです。

書かれているメッセージなどポイントはいくつかあるのですが、
今日のテーマである「目を留める」という点から視ていきましょう。

売場の遠くからでも目に留まるのは、「カラーPOP」

ある実験によると、

「白」と「カラー」2種類のPOPが売場にあった場合、お客さまがより遠くから注視するのは「カラーPOP」

というデータが証明されています。

ある高級スーパーの青果売場でお客さまにアイカメラをつけてもらい、売場での目の動きとPOPの関係について調べました。
すると、被験者とPOPの距離が遠くなるほど、注視されるのはカラーPOPの比率が高くなり、店舗標準の白のPOPは近くにならないと注視されないことが分かりました。

POPの実験データグラフ

(「青果物購買行動におけるPOPの影響」~農林業問題研究より)

上記の実験データを今回のテーマ、
「目を引く手書きPOPをつくるには、、、」
に当てはめてみると、以下3つ実践策が思い付きます。

まず1つ目が、「キャッチコピー」や「メッセージ」部分をカラーで書く。
黒だけでなく、他の色マジックをつかってみる。

つづいて、台紙をカラーにする。
白の紙じゃなくて、色つきの台紙にしてみる。

今だったら100均へ行けば、いろんな種類の色画用紙も売っています。
うまく活用すれば、コストは抑えられます。

そして最後が、「写真」です。
写真っていうのは、カラーなので先ほどの実験結果にも当てはまります。
スマホで撮ったものでOKなので、印刷してPOPに貼ってみる。
これらを実践することで、売場の遠くからでもお客さまの目を引きやすくする。
比較的カンタンにできる方法じゃないかと思います。

「お客さまの目を引くには、どうすればいいんだろう?」

ほんと多くの方がここで悩まれています。
その際にぜひ取り組んでいただきたいのが、今日お伝えした3つの「魅せ方」の工夫。

  1. メッセージのカラー化
  2. 台紙のカラー化
  3. 写真の活用

手書きPOPを書いた。
だけど、いまいち成果が出ていない。
「もしかしたら、お客さまの目が留まっていないんじゃないか?」
「どんな風にしたら、目を引くことができるんだろう?」

そう思ったときには、まずはこの3つを取り組んでみましょう。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。