【売場づくり】ディスプレイを「演出する」視点で考えてみよう。商品の新たな価値が見出せる。

売場は、商品を「プレゼンテーションする場」です。
お客さまに商品を披露するステージです。

主役は、あなたが売る商品。
そして、その演出家があなたです。

「いかに商品を魅力的にお客さまへ伝えられるのか?」

こんな視点で売場をつくってみる。
すると、その商品の新たな価値を生み出せます。

というわけで、今日のテーマは『売場』です。
中でも特に、「陳列(ディスプレイ)」について考えます。

売場ディスプレイ

前職(営業)時代も得意先の売場をつくらせてもらうのが大好きだった

面白味のない売場

例えば、あなたが野菜売場の担当者だとします。
今月は「トマト」に力を入れて売っていきたいと考えた。

「さぁ、どうやって売っていこう…?」
「売場づくりはどうしよう…?」

思案します。

通常ならば…野菜売場のトマトコーナーで売る、
これが妥当なやり方ですよね。

いろんな種類のトマト一緒に陳列。
見比べてもらう。
一般的なやり方だと思います。

ただこれだとあまりにも一般的すぎて面白くない。

「いつもと違った売り方をしたい」
そう思ったときに、

どうやって売るか?

例えば、

  • 赤い野菜を集めて、売場をつくる
  • 野菜に限らず、赤い商品を集める
  • トマトをつかう料理メニューの提案(他の野菜や材料と一緒に陳列)
  • 単価でくくる(同じ価格の野菜を集めて、●●円均一など)
  • 生産者でくくる(トマトに限らず、その生産者がつくった野菜を集める)
  • サラダにつかう野菜をまとめて売る
  • 色づかいを重視して、彩りのきれいな野菜を集める
  • トマトコンテストを開催(売上・甘さ・希少度などのカテゴリーでランク付け)

などなど、いろんな売り方アイデアが出てきます。

さらに極端にいえば、
トマトを「お菓子売場」で売るのも1つの方法です。

トマトをお菓子売場で売る?

フルーツトマトのような甘い品種を、お菓子やデザートとして提案してみる。

なにもトマトだからといって、野菜売場で売らなきゃいけない、
そんな理由はないわけだから。
(部門で担当者が違う、ある程度の規模のお店では難しいかもしれないけれど)

冒頭の「商品を演出する」視点でいえば、
トマトをデザートとして売るのも1つの演出です。

トマトを野菜の1つとして売っていたら今までと価値は変わらない。
だけど、「デザート」として売ったら新しい価値、価格付けができるかもしれません。

新しい価値を生み出そうと思ったら、従来の「括り」から逸脱することも1つの方法です。

値段関係なく売れる

自分の話で恐縮なんですが、僕が産直店で働いていた時にこんな経験をしました。

自分がチカラを入れて売りたい生産者さんがいました。
しかし、その方の野菜は他より1.5倍~2倍高かった。
なので、普通の売り方をしていては、なかなか売れにくかったのです。

例えば、イメージはこんな感じです。
Aさんという僕のお気に入りの生産者が「キュウリ」をお店に送ってきた。
それをそのまま「キュウリ売場」に並べる。

それでは、売れなかったのです。

どうしてか?

他の生産者のキュウリより高いから。
価格で比較されて売れなかったのです。

そこで対応した1つの方法は、売場に

『Aさんコーナー』

をつくることでした。
Aさんがつくった野菜だったら、キュウリに限らず、トマト、玉ねぎ、じゃがいも…まとめて並べたのです。

そしたら、あっという間に売れました。

多少高くても、値段関係なしに売れるようになりました。
Aさんに限らず他の生産者さんに試しても、ほぼ同様の結果が得られたのです。

逸脱した演出を考えてみよう

私たちは演出家でもありませんし、そんな経験もありません。
だけど、商品を売るときに「演出」する視点があると、アイデアが生まれやすいです。

先ほどご紹介した、お気に入りの生産者Aさんのコーナーをつくった売り方。
あれも言ってみれば、

『Aさん特集』

の演出です。

お店のなかに、Aさんをクローズアップした売場をつくったわけです
いろんな視点からAさんの野菜に焦点を当てて伝えた。
結果、それがお客さまには新たな価値として届き、売れたのです。

従来どおりの売り方だと、価格など既存の価値でしか伝わりません。
新たな価値を生み出すアイデアが必要です。

そのためには、従来の「括り」から逸脱することも1つの方法です。

そしてその時に1つのヒントになるのが、「演出」するという視点。
売場は、商品を「プレゼンテーションする場」。
お客さまに商品を披露するステージです。

あなたは、その演出家。
商品を主役に考えて、

「いかに商品を魅力的にお客さまへ伝えられるのか?」

こんな視点で売場をつくる。
すると、その商品の新たな価値を生み出せるのかもしれません。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。