手書きの効果『目に留まる』

手書きが良いっていうのは、なんとなく分かっている。

・・・温かみがある。

あとは、、、何が良いんだろう?

手書きの効果、それは、、、

手書きの効果。

よく言われるのが、、、

・・・チラシなどのキャッチコピーに手書きを使うと目に留まりやすくなる。

こんな話は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

でも、今日は、その話じゃなくて。

文章(メッセージ)の中にも手書きを入れてみる。

そうすると、お客さんの目に留まりやすくなる。

読まれやすくなるよ、っていう話。

例えば、ちょっとイメージしてもらいたいんですが、新聞、

新聞の記事。

あの記事の途中に、手書きが少しでも含まれていたら、どう感じるか?

印字ばかりの文章のなかに、ポソッと手書きが入っている。

こんな感じで。

20140331

所どころに、手書きをいれる

 

文章中の所どころが、手書きで書かれている。

そうするだけで、目立ちます。

目に留まります。

全部、手書きにするのには抵抗がある。

そんな時は、キーワードだけでもいいんで、手書きにしてみる。

自分が伝えたい言葉や文章を。

そうすると、そこに読む人の目が留まる。

しかも、読みやすくなる。

印字ばっかりだと機械的に感じちゃうんだけど、印字が入っていることで読みやすくなる。

意識的にいれてみると良いですよ、手書き。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。