上顧客の「レストランオーナー」が「アルバイト女子高生」を頼りにするお店

販促物で関係性をつくる

…お客さまと趣味や休日すること、子供の話をしながら毎日盛り上がる。

…売上も毎月、順調に伸びている。

「お客さまにも喜んでいただきながら自分も楽しくて仕方ない」

こんな仕事スタイルが実現できたなら、、、。

 

僕が20代のときに大阪で働いていた産直店では、お客さまとの関係性がものすごく良かったです。

 

例えば、、、

お客さまのお一人に、イタリアンレストランのオーナーさんもいらしたんですね。

毎週、食材を買いに来られてた。

その方に、うちのアルバイトの女子校生が接客することもありました。

普通に考えたら、そんなこと怖くてできません。

だって、上顧客の方でしたし、女の子が何か気に障るようなことを言わないか、、、

心配にもなりますしね。

 

でも、それがOKのお店だった。

なぜなのか?

 

高知県の食材をあつかうアンテナショップ

当時、働いていた売場面積30坪の産直店

販促物をつかうとお店の姿勢が伝わる

レストランオーナーは、アルバイトの子に「おすすめの野菜」を聞いたり、女子校生も笑顔で、野菜の紹介をしていました。

お互いにそのやり取りを楽しめる、

そんな雰囲気のお店だったし、その距離感の近さがお店のウリでもありました。

お客さまとの間に関係性ができ上がっていたのです。

 

ではどうして、アルバイトの女子高生がお客さまに気軽に話しかけられるような関係性を生み出せていたのか?

 

実はそのヒントの1つが、「販促物」にあるのです。

 

長くなるので詳しい話はまたの機会をつくりますが、販促物を使うとお店の「雰囲気」や「心構え(姿勢)」の部分が伝わりやすくなる。

リアルの接触だと、嫌がられるお客さまも多い。

売り込みだと誤解が生じます。

だけど、販促物を使うことでうまく伝わり、受け入れられやすくなる。

 

【お客さま】⇔【販促物】⇔【お店】

販促物を通じて、お客さまとコミュニケーションを行うイメージです。

すると、次第にリアルでも接触できる親密な関係性が生まれるのです。

僕がいた産直店では、お客さまとの関係性づくりに販促物を使っていたのです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。