【手書きPOPの書き方】初心者が成果を上げやすい方法

手書きPOPセミナー大阪

 

成果を上げる手書きPOPには、2つのタイプがあるのご存知ですか?

「言葉」で伝えるPOPと、「文章(メッセージ)」でお客さんの心を動かすPOPです。

 

前者の「言葉」で伝えるPOPの特徴は、

インパクトのある言葉やキャッチコピー、短文、リズム感、写真など。

これらを前面に押し出したPOPです。

ヴィレッジヴァンガードで書かれるような手書きPOPが典型です。

 

一方、後者の「メッセージ」で伝えるPOPは、文字通り書かれている文章が特徴です。

多少長くっても、お客さんが共感する文章。

POPに書く文章全体でお客さんの心を動かします。

 

前者、後者でそれぞれメリット、デメリットがあるのですが、もしもあなたが手書きPOPをはじめたて、

「これからどんどん実践していこう」

そう思われているのなら、後者の「メッセージ」で伝える手書きPOPをお薦めします。

 

講習会を受けた翌日からオーダー数が倍になった手書きPOP

これはメッセージで伝える手書きPOP~講習会で書いて翌日からオーダー数が倍になった

たったひと言でハートを射止められる?

実は、「言葉」で伝える手書きPOPを目指される方って、多いです。

なるべく短いメッセージで、インパクトのある言葉、キャッチコピーを考える。

手書きPOPというのは、短い文章でないとダメ。

このような意識を持たれている方って、多い。

 

ただ1つ言えるのは、ハードルが高いの事実です。

「言葉」でお客さんの心を動かすのって、けっこう難しい。

まして、手書きPOPをスタートしたての場合はなおさらです。

 

というのも、POPをつかって成果を上げる(購入につなげる)には、お客さんの心を動かさなければイケませんよね。

お客さんがPOPを読んで、

「欲しい!」

って、思ってもらわないとイケませんよね。

そのお客さんの心を動かすのに、短い言葉、短い文章をつかう。

ちょっとハードルが高そうな感じしませんか?

 

…あなたが付き合いたいと思っている、好きな異性に、

「お前のこと好きなんだよ」

たった一言で心を射止めるような感じです。

 

…ハードル高くないですか?

 

あとは、あなたがセールスマンだったとして。

接客中のお客さんに、ズバッとひと言だけ話しかける。

たったのひと言だけで、お客さんに、

「じゃあ、買います」

を引きださなきゃイケない。

 

…難しそうじゃないですか?

長くなってもイイので、伝える意識

はじめのうちは、ヘンに文章をまとめようとしなくてOKです。

短く伝えようとすると、ありきたりなメッセージになってしまいます。

他店でも使われているようなフレーズ、借り物の文章になってしまうんですよね。

結果、お客さんの心には届かない。

 

はじめは、文章で伝える意識。

こっちを持った方がいいです。

多少長くなってもいいので、あなたの言葉で伝える意識。

こっちを持った方が成果は上がりやすいですよ。

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。