POPで1番大きく書くのは何なのか?

POPを書くときに、何を1番大きく書いています?

・・・商品名?

・・・価格?

あなたは一体、何を一番大きく書いています?

 

・・・POPが売上に繋がるか?繋がらないか?

実は、ものすごく重要な部分になってくるんです。

あなたは、POPに何を1番大きく書いています?

 

POPを書く上での基本的な部分。

レイアウトの話なんですが、、、。

POPの紙面に1番大きく書くのは、あなたが”もっとも伝えたいこと”。

ココであるべきなんです。

 

…もしも、あなたが、その商品の価格をお客さんに1番伝えたいのなら、、、

価格を目立つように、赤で大きく書いておけばいい。

そうすれば、嫌でも価格がお客さんに伝わるはずだから。

 

また、商品名が、お客さんに1番知って欲しい事柄なのだったら、、、

商品名をドカーンと大きく書いておけばいい。

そうすれば、お客さんはその商品名が自然と目に入ってくるはず。

 

ただ、ここでポイントなのは、POPは、お客さんの心を動かすことが目的。

心を動かして、購入に繋げる。

ココが、最大の目的なわけです。

ただ、見てもらって、「あぁ、ええなぁ~」では、ダメなわけ。

「ええなぁ」って、思ってもらって、

「よしっ、試しに買ってみようか!」

そう思ってもらわなきゃ、役目を果たせない、っていうことなんです。

 

…何となく分かりますよね!?

 

って、考えてみると、商品名や価格をPOPに大きく書いたとき、、、

これで、お客さんの心は動くのか?

「欲しい!!」ってなるのか?

ということを考えなきゃイケない、っていうことですよね。

 

お客さんの心を動かしてくれそうなことは、何なのか?

何を書けば、「買ってみようかな?」って、お客さんはなるのか?

ココを考えながら、POPを書いてみるっていうことが、すごく大事。

 

ちょっと意識するだけでも、今までと違ったモノになってくるはずですよ。

ただ、見栄えを気にしながら書くPOPよりも、、、。

ずっと、ずっと、お客さんに読んでもらえるPOPになるはずです。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。