知りたい!購入につながる手書きPOPの書き方って?

 

「購入につながる書き方を知りたい…」

そんなお声を聞きました。

 

手書きPOPを書いている。

だけど、イマイチ成果につながっている気がしない。

お客さんに読まれていないんだろうか…

こんな思いを抱えながらPOPを書かれている方、結構いらっしゃると思うんです。

 

今日は、「購入につながる手書きPOPを書き方って、どういうのなのか?」

この視点でお伝えしていきます。

手書きPOPには、2つのタイプがある

こちらのブログでもよくお伝えしていることです。

手書きPOPには、大まかに分けると2つのタイプがある。

一見すると、冒頭の「購入につながるPOP」を書くこととまったく関係なさそうなこと。

だけど、大いに関係があって。

今日の大きなポイントです。

 

…じゃあ、ちなみにこの2つって何だと思います?

 ・

 ・

 ・

「魅せるPOP」と「売るPOP」、

この2種類です。

順に一つずつ説明していきますね。

1.魅せるPOP

売場をつくるとき、新商品を紹介するときに使うPOPです。

そのPOPが置いてあることで、売場の雰囲気がよくなる。

ディスプレイにお洒落感がでる。

こんな目的でつかいます。

 

POPのメッセージは短め。

イラストが描かれていたりする。

イメージしやすいのは、カフェやイタリア料理店に置かれている黒板。

チョークでお洒落に書かれているのあるでしょう?

文章量はそれほど多くなく、ただチョットお洒落な感じが伝わってくる。

直接、売りにつなげるのではなく、お店や売場の雰囲気づくりにつかわれるPOPです。

 

前職の営業時代、得意先の売場担当者さんに書いてもらったPOP~ウマイですよね

前職の営業時代、得意先(高知県サニーマート)の担当者さんに書いてもらったPOP。これこそまさに「魅せるPOP」。ウマイっ!

 

2.売るPOP

文字どおり、商品を売るためのPOPです。

 

「POPっていうと、全部売るために使われるんじゃないの?」

って思われるかもしれないんだけど、実際のところそうでもないです。

意図してかどうかは別として、先ほどの「魅せるPOP」をつかわれているケース多いです。

 

売るPOPの特徴は、メッセージ量が多いこと。

お客さんに商品を購入してもらうには、お客さんの心を動かさなければなりません。

  • 短いメッセージ
  • ボリュームのあるメッセージ

どちらがお客さんの心を動かしやすいか?

というと、やはり後者です。

短いメッセージ量でお客さんの心を動かすのって、やはり大変です。

(憧れはあるかもしれないけれど)

 

どちらかというと、体裁よりも中身重視。

イラストとかを使うというより、伝えることに重点を置く。

そして、お客さんに「欲しい!」と思ってもらう。

それが「売るPOP」です。

 

貼ったその日から注文数が倍になった手書きPOP~文章が長くても…読まれる

貼ったその日から注文数が倍になった手書きPOP~売れるPOPの典型

 

こうして僕の説明だけみると、「売るPOP」がイイじゃない!イイじゃない!

そう思われるかもしれないけれど…

 

たとえば、新商品を紹介するときには、売場での陳列量も少なくして「魅せるPOP」をつかう。

重点商品で、ガツッと量を売って売上を上げたいときは、「売るPOP」。

陳列量も増やして、売るための売場にする。

使い分けこそ、大事。

 

「…手書きPOPを書いているけど、イマイチ成果につながっている気がしない」

そんなときは、今書かれているPOPが「魅せるPOP」になっているかもしれないです。

少し伝えるボリュームを増やして、「売るPOP」を意識してみるのも1つの方法ですね。

 

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。