「手書き」と「パソコン字」、どっちを使って書けばイイか?

 

手書きPOPやニュースレターなど、ある程度内容が決まった。

さぁ、紙に落とし込んでいこう。

そんな時に考えること。

 

「手書きとパソコン字、どっちをつかって書こう?」

 

あなたがつくる手書きPOPやニュースレター。

全部が全部、手書きじゃなくてもイイ。

「手書き」と「パソコン字」、うまくミックスさせることで伝わり方も違ってきます。

100%全部手書きイイっていうわけでもない

例えば、こちらを見てもらえますか。

10年以上前に僕が働いていた産直店で配っていたお便りです。

 

当時はたらいていた産直店のレジで配っていたお便り

当時はたらいていた産直店のレジで配っていたお便り

 

これを見て、どう思われますか?

特に見た目の部分。

 

・・・ちょっと読みにくい感じがしませんか?

 

つくった僕が言うのもなんだけど、ゴチャゴチャしてますよね(苦笑)

まぁ、10年以上前に書いたモノなので、そこは許してもらうとして。

見た目的にもう少し工夫がデキるような気がします。

 

じゃあ次こちら。

先月書いた僕自身のニュースレターです。

 

臼井家ネタ満載のニュースレター

毎月発刊、「臼井家ネタ」満載のニュースレター

 

どんな感じですか?

先程の僕が10年以上前に書いたお便りと比較してみて。

なにか見た目の部分で違いありますか?

手書きとパソコン字をミックスさせるのも1つの方法

後者のニュースレターは(画像をつかっているのもあるけど)少し見やすいですよね。

前者と比べると、読みやすい。

 

・・・一概に全部そうとは言えないんだけど、字数が多い場合、パソコン字も組み合わせると見た目スッキリします。

手書きは書いた字によって、大きさや形、向きがバラバラになりやすい。

反面、パソコン字は整然としているのが特徴。

だから、読みやすくなる。

 

ただ、パソコン字にも弱い部分があって目に留まりにくいんですよね。

整然としている分、読み手の目が留まらない。

流れてしまうんです。

逆に、手書きは非常に目に留まりやすい。

さきほどの産直店で配っていたお便りもそれなりに手書き感が前面に出ていて味が出ているでしょう。

手作り感も伝わってくる。

 

要は、お互いにメリット・デメリットがあるんです。

なので、これらの状況を踏まえた上で「手書き」と「パソコン字」を組み合わせると、うまくいきやすい。

化学反応が起きるんですね。(少し大袈裟だけど)

お互いに弱い部分をカバーし合ってくれるのです。

 

かんたんに言うとこんな感じです。

<手書きとパソコン字の特徴>

2015080802

 

もちろん、読み手や販売する商品などによっても状況は変わります。

ただ、手書きPOPやニュースレターをつくるときに今日の話を意識しておくと、見た目や伝わり方に違いが出てきますね。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。