「伝える」トレーニングには、手書きPOPは向いている

 

手書きPOPの書き方というのは、チラシやブラックボードといった他の販促物にも共通する。

そんな話を普段からしています。

 

「商品やサービスの価値を伝える」

その行為をおこなってくれるのが販促物。

あなたの商品に興味を持ってもらう。

そのために書くのが、手書きPOPでもありチラシです。

  • 手書きPOPは、来店されるお客さんに向けたモノ
  • チラシは、来店されていないお客さんに向けたモノ

シンプルに区別すると、こんな感じ。

 

中でも、手書きPOPというのはコンパクト版。

チラシは、ボリューム版。

そんな捉えかたもデキると思っています。

 

僕のエネルギーの源の1つ~今朝の散歩一コマ

僕のエネルギーの源の1つ~今朝の散歩一コマ

 

【お店・会社】を【商品】として捉えるイメージ

手書きPOPは、台紙のスペース的にも伝えるボリューム(量)は限られているでしょう。

名刺サイズとかハガキの大きさくらいの台紙も多い。

だから、書くスペースも少ない。

 

一方、チラシは、A4やB4サイズの紙をつかってつくる。

当然、伝えるスペースもPOPに比べて結構ある。

商品のことをたくさん伝えることができる。

販促物のボリューム版、そんなイメージなんですね。

 

ただ、ここで忘れてはいけないのが、根本は同じということ。

お客さんに商品やサービスのことを興味をもってもらうことが、POPやチラシの役割。

ここは考え方として、まったく同じです。

先ほどお話ししたように、

  • 手書きPOPは、来店されるお客さんに向けたモノ
  • チラシは、来店されていないお客さんに向けたモノ

というだけで、つくる目的は同じ。

そして、そこで伝える・書き方もキホン同じということです。

 

例えば、こんな風に考えてみると頭が整理しやすくなると思います。

1つ考え方をご紹介すると。

 

【お店・会社】を【商品】として捉えるイメージです。

「・・・買ってみようかな」

と、読んだお客さんに思ってもらうために商品価値を書く。

それが、POPなように、

「・・・行ってみようかな」、「(サービス)受けてみようかな」

と感じてもらえるように、お店や会社についてをチラシに書く。

 

言ってみれば、

POP:商品価値を伝える

チラシ:お店や会社の価値を伝える

お店や会社を、1つの商品として捉えるイメージですね。

(価値というコトバをつかっていますけど、書く内容は多岐にわたります)

「伝える」トレーニングには、手書きPOPは向いている

チラシで集客するにしても、まずはお店や会社に興味をもってもらわなければイケない。

そして、そのための情報を伝える必要がある。

・・・同じですよね、

手書きPOPで商品を買ってもらうために、

「何を書こうか?」

って、考えることとチラシで伝えることも。

 

いくぶん、POPというのはチラシに比べて書くボリュームが少ないだけ。

だから、トレーニングにはもってこいなんですよね。

「伝える」というメッセージを考える訓練をするためには。

 

基本、手書きPOPもチラシも考え方は同じだから。

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。