【手書きPOPチャンネル】第22話~どんなセールストークより説得力のあるPOP

 

こんにちは、臼井です。

GWが間にあったりして、ちょっと久しぶりになってしまいました、

【手書きPOPチャンネル】の放送を今日はお送りします。

(メルマガを先にご欄になられた方はゴメンなさいね。同じ放送です)

 

今日のテーマは、ぐいぐいオススメしなくても、商品やサービスに興味を持ってもらう。

そんな手書きPOPの書き方です。

 

POPを書く時に、つい気になるのが、

「お客さんにとって、売り込みくさいメッセージになってないか?」

・・・かといって、商品のことを説明しないと売れないだろうし。

じゃっかん、ジレンマになる部分です。

 

ただ、今日のPOPチャンネルをご欄になっていただければ、その辺りのヒントになるんじゃないか?

そう思っています。

お客さんにグイグイお勧めしなくて、興味をもってもらえる。

しかも、どんなセールストークより説得力ある内容でね。

【手書きPOPチャンネル】第22話~どんなセールストークより説得力のあるPOP

 

少しでも何かのヒントになると、僕も嬉しいです。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。