「何をやるか?」より、「どうやるか?」が販促のカギ

 

今朝も散歩していました。

最近は、陽が昇るのも早くなってきてイイ感じです。

(高知では5時くらいには、明るくなり始めてる)

 

毎朝、マイナスイオンをたっぷり浴びながら^^

毎朝、マイナスイオンをたっぷり浴びながら^^

手書きのハガキDMで休眠客の掘りおこしの美容院

さて、今日の話は、ハガキを活用した販促の話です。

 

僕が2年前からサポートしている、ある美容院さん。

そのお店が、手書きハガキをつかって、休眠客の掘りおこしに成果を上げられています。

ご了解を得ていないので細かな数字を出せませんが、順調です。

一定の割合で、しばらく(ここ数年)来店されていなかったお客さんが、再びお店を利用されるようになっています。

 

ただね、ここで今日僕がお伝えしたいのは、

「手書きハガキを書くと、休眠客の掘り起こしができるよ」

「手書きハガキをどんどん書いたら良いよ」

という話でもなくて。

 

僕なりにこの美容院さんから学べたことは、

販促っていうのは、「何をやるか?」より、「どうやるか?」が大切なんだ、ということなんです。

 

「どんなツールを使うか?」

というアンテナ立てるのももちろん大事。

だけど、もっと重要なのは、

「そのツールをどう使っていくのか?」

そこがカギになる、という話です。

「何をやるか?」より、「どうやるか?」が販促のカギ

じゃあ、どうして僕が今話したようなことを実感したか?

それは、

  • 手書きのハガキDM
  • 休眠客の掘りおこし

このどちらをとっても、多くの方が知っているツールと言葉でしょう。

 

しばらく来店されていないお客さんにハガキを送って、来店を促してみよう。

ハガキには、ちょっと手書きのメッセージも加えるといいよ。

あなたもご存知の話だと思うんです。

もしかしたら、やられた事もあるかもしれない。

そう、何も最近になって出てきたやり方(販促法)じゃないです。

 

だけど、サポートに入らせてもらっている美容院さんは、成果を上げられている。

おそらくだけど、この美容院さんも昔、ハガキDMをやられていたと思う。

というのも、こちらの美容院さん、以前はけっこうな繁盛店だった。

当然、チラシ折込みや、ポスティング、色んなのをやった経験がある、とおっしゃられていたので。

 

だけど、あえて今さらかもしれないけど、ハガキを休眠客にお送りした。

すると、久しぶりに来店してくれるお客さんが現われだしたのです。

ツールに振り回されないというのは、こういう事

「今さら~?」

「今は、SNS(フェイスブックやブログ)だよ」

いろんな声が聞こえてくると思うんです。

 

ただ、大切なのは、そのツールをどう使うのか?

ココを忘れない。

そうしないと、まわりの声や風潮にかき回されちゃうからね。

 ポイントは、「何をつかうのか?」じゃなくて、「どう使うのか?」

ここにあるっていうことです。

 

今日は、地元高知で手書きポップの講習会があります。

参加者の方々にワクワクしていただけるよう、全力いってきます。

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。