販促物も他と違うモノにしていかないと

 

一昨日、41歳になったばかりの臼井です。

・・・まだ、わが家で誕生日会していないけれど。。

今晩あたりかな!?(笑)

 

さて、一昨日は前職いた会社のイベントに参加してもらっていたんですね。

そこで、ふとある言葉を思い出しました。

前職の社長が、以前なにかの折に言っていた言葉です。

 

まわりと違うコトをすることやで。

うまいこといくコツは、、、

 

一昨日のイベントに参加して、あらためて思いました。

「販促物もまったく一緒だよね」

って。

 

四万十川を背景に~前職時代の通勤路

四万十川を背景に~前職時代の通勤路

 

販促物も他と違うモノにしていかないと

昨日、ある会社の手書きPOPパネルをつくっていたんです。

食品製造業の企業さんだったんですけどね。

展示会に出展されるということで、そのブース展示につかうパネル。

そして、来場者へ配布するチラシ。

これを創っていたんですね。

 

っで、創りながら、、、あーだ、こーだ思案しながらね、

「どうしても無難な方へ、無難な方へ、、、創ろうとしているよなぁ」

って、自分で自問自答したんですよ。

 

例えば、手書き重視のモノをつくろうと思っていたのに、パソコンのフォントをたくさん使っていたり。

パソコンのフォントの方が見た目、しっくりくるのでね。

だから、いつの間にか手書きが減っていく、、、。

表現の仕方も無難な感じになっていたり、、、。

 

出来上がった販促物を見て、何となくシックリくる。

そんな時は、従来(他所にも)ありそうな、一般的なモノになっている。

そんな場合が多い気がします。

前にどこかで見ている記憶があるから、何となくしっくりくる。

でも、それがお客さんへの反響につながるか?

というと、どうなんだろう!?

って、思うんです。

 

キレイなものより心動かすモノ

見た目キレイなものより心動かすモノ

販促物の大きな役割

販促物の目的は、あくまでも”反響”を得ること。

ココですからね。

 

お客さんが見たときに、、、手にとった時に、、、興味が湧く。

商品の話を聞いてみたいと思う。

その働きが、販促物の役目。

特に、今回ボクが創っていた販促物のように展示会用になると、来場者も多い。

目に触れるお客さんの数もハンパない。

だったら、その働きは余計にだと思います。

 

良いモノ(キレイ、カッコイイ、シックリくる)よりも、心に届くモノ。

お客さんの心を動かすモノ。

それが、販促物の大きな役割の1つだと僕は思います。

 

 

・・・というわけで、土曜日の朝から語ってしまいました(汗)

今回創らせてもらった食品会社さんの販促物。

成約につながるとイイな。

昨日、販促物をつくりながら感じたことを書かせてもらいました。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。