日曜日の朝、のんびりと、、、いきたいけれど

 

日曜日の朝、娘が起きてくるまでノンビリと

日曜日の朝、娘が起きてくるまでノンビリと

 

 

おはようございます、3連休の中日、日曜日ですね。

睡眠とり過ぎで、9時間くらい寝てしまいました。。

身体がきしんでる感じ(笑)

 

やっぱり、僕は6~7時間くらいの睡眠がちょうどみたいです。

 

 

というわけで、前置きはあんまり書かずに日曜日恒例の「先週1週間のふりかえり」をしておきますね。

 

 僕たちが相手の方と関係性を築くうえで、”共有”って、すごく重要な要素です。
 
 前回第1話の放送が好評!?だったので、継続放送が決定。
 今回は、手書きPOP事例を紹介しながらです。
 
 こういうPOPがいっぱいあると、それだけで楽しそう。
 
 お客さんって、買いたいモノを探してる。
 そんなこと実感したデキゴト。
 
 実は、あなたのPOPは疑いの目でPOPを見られてる!?
 
 ・・・手書きPOPだとしても、チラシ、ニュースレターだとしても。
 やっておくと、後から便利なこと。

 

・・・ っと、こんなところで、娘が起きたようです。

降りて来ちゃいました。

 

高知は、今日もイイ天気です。

「あぁ、今日も楽しかった」

そんな1日になるよう全力投球いってみます。

今日も笑顔いっぱいの1日を過ごしましょう。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。