意外なんだけど、新規集客や営業にもつかえる手書き販促ツール

 

コストをかけずに作れる販促ツール。

これって、どんなのがあるか?

 

例えば、、、

 

・ニュスレタ―(●●だより)
 
・店頭POP
 >商品
 >会社(お店)

 

大まかに分けると、こんな2つがある。

 

この2つっていうのは、それほど手をかけるコトなく作れるツール。 

だから、僕も販促サポートに入ったら、この2つをお店の方と一緒につくることが多いです。

 

じゃあ、それぞれカンタンに説明していきますね。

 

ニュースレター(●●だより)

ご存知のように、お客さんとの関係性を育むツールとして、よく知られていますよね。

僕もお店の方と一緒につくるコト、けっこう多いです。

 

例えば、このような感じでね。

 

 

20140703

若大将がどうしてクリーニング店をやり始めたのか…?など、人柄がジャンジャン伝わってくるレター

 

 

2014070301

”手仕事でこだわっています”って言われても、なかなか伝わらないことが多い。だけど、このレターでは、そのこだわり部分を感じることがデキる

 

 

関係性づくりがメインとされているニュースレター、実は、うまく使うと新規集客にも繋がるんです。

実は意外と知られていないんだけど、営業ツールにも活用できる。

顧客へ配るのはモチロンだけど、見込み客へも使っていくと、結構反響がでる。

 

だから、僕もサポート店へオススメすることが多いツールです。

 

 

・・・では次に、

店頭(手書き)POP

これは、もう説明するまでもないですよね、

僕のブログやメルマガを読んでくださっている方にすると。

 

お店の売場に置くPOPです。

 

っで、このPOPにも、2つタイプがあって。

・商品

・会社(お店)

この2つに対して、メッセージをつける。

そのやり方がある。

 

・・・商品を販売するためのPOP。

そして、会社やお店(の想いやコンセプトなど)を伝えていくためのPOP。

 

っで、後者の会社(お店)用のPOPを作られていない所って、多いと思うんです。

実は、コッチも作っていくと、お客さんの定着(リピート)に繋がってくるんです。

 

でね、さらにもう1つ店頭POPでつけ加えるとするならば、、、

小売店だけじゃなくって、卸会社でも活用してほしい。

 

小売だけじゃなくって、手書きPOPは卸にも活用できる

 僕の前職は、地域商材の営業だったんですけどね。

その時もつかっていた。

 

商品の卸先に、商品納入時に一緒に手書きPOPも付ける。

すると、意外とお店さんに喜ばれることが多い。

 

というのもね、小売の現場って、忙しいから。

あと、商品のコトを一つひとつ詳しく把握できない。

だから、POPってなかなか作れないのが現状なんですよね。

(書いた方がイイと分かっていても、、、)

 

だから、商品納入時に、あなたが書いた手書きPOPを同梱してあげる。

意外と、卸販売の心強い味方になりますよ。

 

 

・・・という感じで、コストをかけずに、それほど手間をかけずに作れる販促ツール。

 

・ニュースレター

・店頭(手書き)POP

この2点になってきます。

 

昨日、販促サポートに入った会社で話をしながら、ふと思ったことです。

その会社さんでも、これからこの2つを一緒に創っていくところです。

 

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。