手書きPOPが読まれなくなる理由

 

先日、販促サポートにはいったある化粧品店。

スタッフさんも2名いらっしゃり、その方々にお聞きしたんですね、

 

「お店のあなたの1番のおススメは何ですか?」

っで、さらに、

「それは、どうしてなんですか?」

「できる限り、自分の言葉で教えてください」って。

 

化粧品とかだと、メーカーが準備してくれる販促物とかがあると思うんです。

きれいな感じのものが。

その販促物を使うのもOKです。

 

でも、それだけだと、お客さんに響きにくい。

のも事実かな、って感じます。

やっぱり、ありきたりの言葉になるし、そこには感情がこもっていないから。

 

言ってみれば、同じ商品を扱うお店が近所にあれば、そのお店もその販促物を使っている。

そんな可能性だったあるからです。

 

他のお店と同じ販促物を使っている。

同じメッセージで商品を訴求している。

そんな危険な状態かもしれない、ということです。

 

・・・でね、じつはコレ

POPなどの店頭販促物だけじゃなくってニュースレターでも同じで。

明らかに、

「これ、あなた作っていないでしょ?」っていうような内容のニュースレター。

お店の方、これ作っていないでしょう!?

っていうレター、受け取られたことないですか?

 

せっかくコストをかけて作っても、書き手の存在感が伝わって来なければお客さんにも響かないです。

そこに労力もかけるんだから、モッタイナイです。

 

他店と同じような販促物をつかう。

もしも、そんなことをやっていると、お客さんはもうお店の販促物を読んでくれなくなりますよ。

ここのPOPって、、、、てね。

 

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。