手書きPOPが読まれなくなる理由

 

先日、販促サポートにはいったある化粧品店。

スタッフさんも2名いらっしゃり、その方々にお聞きしたんですね、

 

「お店のあなたの1番のおススメは何ですか?」

っで、さらに、

「それは、どうしてなんですか?」

「できる限り、自分の言葉で教えてください」って。

 

化粧品とかだと、メーカーが準備してくれる販促物とかがあると思うんです。

きれいな感じのものが。

その販促物を使うのもOKです。

 

でも、それだけだと、お客さんに響きにくい。

のも事実かな、って感じます。

やっぱり、ありきたりの言葉になるし、そこには感情がこもっていないから。

 

言ってみれば、同じ商品を扱うお店が近所にあれば、そのお店もその販促物を使っている。

そんな可能性だったあるからです。

 

他のお店と同じ販促物を使っている。

同じメッセージで商品を訴求している。

そんな危険な状態かもしれない、ということです。

 

・・・でね、じつはコレ

POPなどの店頭販促物だけじゃなくってニュースレターでも同じで。

明らかに、

「これ、あなた作っていないでしょ?」っていうような内容のニュースレター。

お店の方、これ作っていないでしょう!?

っていうレター、受け取られたことないですか?

 

せっかくコストをかけて作っても、書き手の存在感が伝わって来なければお客さんにも響かないです。

そこに労力もかけるんだから、モッタイナイです。

 

他店と同じような販促物をつかう。

もしも、そんなことをやっていると、お客さんはもうお店の販促物を読んでくれなくなりますよ。

ここのPOPって、、、、てね。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。