あなたもデキる!手書きPOPで響くメッセージを書く 6つのステップ

 

POPを書くときって、結構みんな構えてしまってます。

「お客さんに響くメッセージ書かなきゃ、、、」

みたいになって、

「・・・っで、何書いたらいいんだろう、、、?」

と、なっている方が多いです。

 

もしも、あなたにも心当たりがあれば、1つ試してもらいたいことがあるんです。

 

POPを書こう!そう思うと、

どうしても、お客さんに見せる、、、とか

イイこと書かなきゃ、っていう意識が無意識に働くんでしょうね。

思考がSTOPしちゃう場合、多いです。

 

だから、ミーティングみたいな場でも、

 

「じゃあ、これからこの商品のPOPをつくりましょう。

・・・さぁ、どんなメッセージにしますか?

今から書いてください。」

とかの流れになると、もう完全に書く側の思考がSTOPです。

いいアイデアは出てきません。

もう、思考はガチガチです。(出てくるはずないですよね、こんな流れでね(笑))

 

・・・そんな時、

「どうして、●●さんは、この商品好きなんですか?

なんでですか?ちょっと僕に教えてもらえませんか?」って、聞いてみる。

 

するとね、結構、話してくださるんです。

「・・・これね、私も家でつかってるんですけど、ここの、、、」

みたいな感じで、初めのうちはちょっとギコチナク話されていても。

話しているうちに、だんだんエンジンがかかってくる。

気持ちがのってくるんです。

 

・・・っで、

 

「そうなんですか、 それイイじゃないですか。

今の響きましたよ。

それ、メッセージにされてみたらどうですか?きっとお客さん、喜ばれると思いますよ。」

って言うと、

「あぁ、そうですか、 今のでいいんですか」みたいに大抵なる。

 

自分がなぜ、その商品を好きなのか?

話したことが、それが、お客さんに響くメッセージだと気づいていない。

まして、それをPOPに落とし込む。

そんな風に思われていないです。

でもね、それがいいんです。

 

 

今朝の朝陽

今朝の一コマ~気持ちいい朝陽

 

 

・・・どうしても、文章にして書こう。

そう思うと、かしこまっちゃうんです。

冒頭で言ったみたいに、良い(キレイな)文章を書かなきゃとか自然に思っちゃう。

だから、本当に自分が思っている、この商品が好きな理由を書けない。

なんかちょっと体裁のいい、語呂のいいメッセージをつくってしまう。

 

ある意味、泥臭さがないんですよね。

メッセージに。

だから、響きにくい。

 

POPに書くメッセージって、文章整ってなくていいんですよ。

文法とか間違っていてもいいんですよ。

人に話される言葉をそのまま文章にする。

そっちの方が絶対響く。

 

なので、POPで響くメッセージを書きたければ、この手順です。

(特に慣れるまでは、このやり方が効果的)

 

1.誰か話す相手を探してくる(お店の同僚や奥さま、旦那さまでOK)

2.好きな商品を1つ決める

3.「どうして、その商品が好きなの?」って、相手に聞いてもらう

4.相手に、そのお気に入りの理由を話す

5.相手に、聞いた話の中で響いたポイントを伝えてもらう

6.その5.のポイントを、紙に書く

 

デキる限り話し言葉で、というのがポイントです。

 

文章にするからといって、かしこまらない。

友だちや家族にだったら、どんな風にススメルのか?

どんな風に話すのか?

そこをイメージしながら書くのがPOINTです。

 

ぜひ、トライされてみてくださいね。

あなただけのPOPメッセージがデキあがるはず。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。