手書きPOPをやってみた方がイイ理由~その2.「効果が長く続く」

 

昨日に続いて、手書きPOPをやった方がいい理由。

ココをお伝えします。

そして、今日もシンプル、簡潔にいきますね!

■まだならコチラも読んでみてね

 昨日の記事「手書きPOPをやってみた方がいい理由~その1.「即効性」」

 

では、本題です。

 

どうして、手書きPOPをやるとイイのか?

その理由は、「効果が長く続くから」

ココあるのです。

 

 

 

子どもは風の子~僕が寒くて凍えてても、シャツ1枚でピョンピョンだった(笑)

子どもは風の子~僕が寒くて凍えてても、シャツ1枚でピョンピョンだった(笑)

 

 

手書きPOPは、効果の続く期間が長い

例えば、あなたが今日これからPOPを書くとしますよね。

すると、今日早速、そのPOPを見て商品を買ってくれるお客さんがいた。

昨日の話「即効性」ですね)

 

・・・日が替わり、翌日になりました。

昨日貼ったPOPは、そのまま同じ売場に置いてある。

すると、また商品を買ってくれるお客さんがいた。

 

・・・翌日も。

・・・・・次の週も。

・・・1ヶ月経っても、まだPOPは貼ったまま。

それでも、商品は売れる。

 

そうなんです、今日POPを貼って売れた。

だからと言って、次の日にそのPOPの効果がなくなるか?

1回効果が出たから、もうそのPOPを外さなきゃイケないか?

というと、そうでもない。

 

「買ってみようかな?」

違うお客さんが見て、心を動かすかもしれない。

お店にお客さんが来てくれる限り、その可能性がある。

そう思ってくれるお客さんがいるんです。

 

手書きPOPは、低報酬で働き続ける働きモノ

・・・一方、他の販促物と比較してみると。

例えば、チラシ。

 

効果って、そんなに長くないでしょう。

例えば、長くても1週間経てば、ほとんど効果なくなるでしょう?

チラシ撒いて2週間も経ったら、

「チラシ見て来ました」っていうお客さんは、圧倒的に少なくなる。

(ゼロになるわけじゃないけどね)

 

だけど、POPは違う。

基本、商品価値がなくなるまで、効果は続くんです。

・・・もちろん、たまにメンテナス(書き換え)は必要ですけどね。

 

それでも、1ヶ月で効果がなくなる、、、なんてことはそうないです。

手書きPOPは1度書けば、ズット働き続けてくれる。

そんな働き者なんです。

しかも、紙とペンだけという低報酬でね(笑)

 

というわけで、今日の話をまとめると。

手書きPOPをやってみた方がイイその理由。

それは、効果が長く続くからなんですね。

 

クリスマスやお正月。

お客さんが多く来店されるなら、ぜひ、手書きPOPの効果を試してみましょうね。

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。