【手書きPOPチャンネル】第6話~裏ワザ大公開!たった30秒で手書きPOPが書ける!

 

手書きPOPがイイと分かっている。

「だけど、忙しくて書く時間が、、、」

サポートに入ったお店で、たまに言われる方がいます。

 

”忙しくて、、、”

 

このコトバが耳に入ると、一瞬、ボクの身体も硬直しそうになります(笑)

が、現実はそうも言ってられない側面だってありますよね。

ホントに毎日の作業をこなすことで、時間いっぱいいっぱい。

 

そこへいきなり訳の分からないコンサルが来て、

「手書きPOPがイイからやった方が良いよ」

って、言われたって聞く耳持たないと思う。

 

・・・少なくとも、以前のボクはそうでした。

今思うと、たまにお店に専門家っぽい人が来て売場を見てた。

が、思いっきりジャマ者扱いしてたと思う(笑)

 

 

でね、今日の僕の話から得ていただけること。

それは、たとえ日々の作業でPOPを書く時間がない。

しかも、時間がないにもかかわらず、POPに書くメッセージが思い浮かばない。

そんな時に使えるテクニックです。

 

僕も産直店時代によく使っていたワザです。

こちらでご覧になれます。

 

★動画で学ぶ【手書きPOPチャンネル】第6話~手書きPOPが30秒で書ける!裏ワザ大公開! 

 

これからの年末、忙しくなる時期にも使える方法です。

 

時間がある時にまた、、、と思っているとそのまんまになりますからネ

今、ご覧になりましょうネ!^^

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。