社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

集客できるチラシとは?「チラシでどんなことを伝えればいいですか?」

臼井です、

  • オンライン
  • 紙媒体

あなたはどっち派ですか?

本を読むにしても
スマホやキンドルなどデジタルで
読むのが好きな人もいれば、

「あの紙の手触りが、、」

書籍の重たさや紙の質感が好きな方も多いですよね。

一時期、キンドルで読んでいたことも
あったのですが、書籍の質感であったり、

「本を読んでいる」

五感をつかって記憶する部分も
個人的にはあるので最近はもっぱら紙媒体ばかりです。

アナログ集客、ネット集客、どっちが好み?

ご縁をいただく会員さんとも
紙媒体、アナログでの取り組みが中心です。

ある美容室さんのチラシ集客に
取り組んでいます。

ポスティングを行っています。

配布枚数は、約18,000枚。

前月につづき2回目の実施です。

集客や販促も、

  • オンライン(SNS)
  • アナログ(紙媒体)

分かれます。

どっちが良いのか?

は、顧客層を見て判断しなければ
いけませんが、今回は少しチラシの話をします。

チラシにどんな事を書けばいいか?

質問をよくいただくので
個人的な考えをシェアします。

簡単に個人的な意見を伝えると、
大きくは、4つだと考えています。

これら要素はチラシに限らず
ウェブサイトなどでも伝えていった方がいい

と考えています。

その4つとは、、

  1. 何が違って?
  2. 誰が言ってて?
  3. それは本当で?
  4. まず何をすれば?

集客する場合であれば
そもそも他のお店(会社)といったい何が違うのか?

「お店を利用することで
どんな良いことがあるのか?」

お客さまは知ることで興味を持つわけですよね。

まず興味を持ってもらう

さらに、その良いことを知った後は、

「それって本当なの?」

お客さまは必ず疑います。
(必ずです(笑))

その疑いを晴らさないといけません。

そのためには、

「その良いことを言っているのは
一体だれなのか?」

(あなたであり、お店の方ですよね)

伝えなければなりません。

そして、お店の関係者だけが
良い話をしても誰も信用しませんよね。

周囲からの評判も聞きたいはず。

簡単にいうと、口コミですよね。
(ここを知ってもまだ半分くらい疑ってますが)

興味を持ってくれた人に、、

そして最後に
ある程度興味を持った方に
まずとってほしいアクションを伝えます。

「あなたの病気は○○です」

お医者さんがこれを伝えるだけで
診察が終わったら、

…エッ!?

ってなりますよね。

「治したければ、この薬を飲んでください」

「今すぐ入院してください」

そう伝えられることで
患者は行動を起こすわけですよね。

どうして欲しいか?

伝えないと、物語は始まりません。

チラシでまず伝えるべきこと

学びに意欲的なあなたなら
ご存じのとおりチラシに関しては
いろーんなテンプレートがあります。

今日お伝えした4つの要素は
チラシに限らず、

「相手に行動してもらうためには」

必ず伝えたい軸となる部分です。

まずは、

「他と何が違うのか?」

「お客さまにとってどんな良いことがあるのか?」

考えることがスタートです。

お店や商品を利用する側に
何も良いことがなければ誰も見向きもしてくれません。

1:お店(商品)の特徴

は、お客さまにとって、

2:どんな良いことがあるのか?

ここを結びつけることができれば
いい線いくと思います。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。