売れるPOP、集客できるチラシは継続的に売上を生み出す仕組み

ご縁をいただく会員さん…

POPやチラシといった
販促物を使って業績を上げています。

POPにしても、
チラシにしても、仕組みになります。

1回使って終わり、

ではなく繰り返し何度でも
使うことが可能です。

継続的に売上が上がる

例えば、POPを書きますよね。

売場に設置します。

あなたの売りたい商品の横に
貼るとしますよね。

そこで仮に商品が売れた、とします。
あなたの目の前で。

じゃあ、これで
POPの役目は終わり。

次、また新しいPOPを
書かないといけないか?

そうではありませんよね。

次また新しいお客さまが
POPを読んでくれたとき
商品が売れる可能性がありますよね?

継続的にお客さまを集める

チラシも同じです。

今日、チラシを新聞に折り込みました。

3千枚配布して
10人のお客さまから問い合わせが
あったとします。

今回配布したチラシの効果は
これで終わり、かもしれません。

(いえ、チラシ配布から1年経っても
集客し続ける会員さんもいらっしゃいます)

まぁ、そんな長期的に継続する
チラシはしょっちゅう作れないとして。

平均して1週間くらいで効果はなくなります。

しかし、その10人のお問合せをいただいたチラシ、

もう使えないのか?

そうではありませんよね。

採算が取れる限り繰り返し使う

販促物の鉄則です。

採算がとれるのなら
また来月、同じチラシを新聞に
折り込めばいいわけです。

仮に3千枚配布して
費用が1万5千だとしてですよ、

その数字を上回る結果を得られたとします。

お問合せいただいた10人のお客さまから
3万円の売上が上がったとしたら
また次繰り返せばいいわけです。

もしかしたら、今回のチラシで
集客できたお客さまが継続して
商品を購入してくれるかもしれませんしね。

すると売上は3万円で済みません。

さらに上がります。

販促物は継続的に売上を生み出してくれる

販促物は、1回使って終わり、

ではありません。

何人のお客さまにも、
何度でも、
継続的に使い続けることが可能です。

一旦、数字をあげる販促物ができれば
数か月、売上は上がり続けます。

※1年以上同じチラシで集客し続ける
会員さんもいらっしゃいます。

(もちろん集客がうまくいっているからです)

販促物は仕組みになります

継続的に、何度でも
同じ結果を生み出してくれる
装置になるのです。

毎回、毎回、ゼロから考える。

しんどいですよね。

当たり、外れも
その都度、出てきますよね。

できれば、一旦うまくいった方法を
何度でも繰り返す。

この方が結果の出る確率は高いはず。

そう思いませんか?

ご縁をいただく会員さんの
ほぼ9割以上の方が
販促物をつかった仕組みを持たれています。

追伸:

チラシもその仕組みづくりの1つです。

会員さんが集客に成功した
チラシの事例を無料で配布しています。

いつ気が変わって
無料配布を止めるかもわかりません。

ピンときたらご覧になってみてください

○なぜ、このチラシで集客できたのか?(無料)

『集客チラシ』事例を無料公開

チラシ集客

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。