これさえあれば、必ず繁盛間違いなし。お店の最大の財産はコレ

臼井です、

家でPOPを作ってくる。
休日なのに売場をつくりにお店にやって来る。

「みんな時給出ないのに、頑張ってくれてるんです…」

苦笑いしながら、おっしゃっていました。

10名弱くらいかな、従業員さんの数は。
現場責任者の方は女性。

その方がほぼすべてお店を取り仕切るお店です。

社長や取締役は何か大きな案件があるときに決済をもらう。それ以外は基本、口はほぼ出されません。

そんな現場を取り仕切る責任者の女性(Dさん)が、以前おっしゃっていたんです。

「みんな本当に頑張ってくれて。休みの日も仕事をしてくれて…」
「材料費くらいは払うからって、みんなに言ってるんです…」

苦笑いしながら半分嬉しそうに話してくださいました。

前向きなスタッフさんがいらっしゃるお店は強いです。

数字的にも伸びやすい。

これは間違いなく言えます。

率先的にアイデアを出し、上司から言われなくても行動をしてくれる。そのような従業員さんは
ほんと、かけがえのない存在です。

サラリーマン時代の自分を振り返ると余計に実感します。

「どうすれば楽できるか?」そればっかり考えてたので…(苦笑)

「人は財産」とか「従業員は宝」みたいな言い方をよくしますが、まさにそうだと感じます。

例えば、冒頭の会員さんのお店。シフトでない日にお店に来て、売り場をつくるスタッフさん。家で内職みたいに販促物を作ってきてくれるスタッフさん。

その方々が何かの都合でいなくなってしまったら…
お店にとって強烈なダメージです。計り知れない損失です。

こんなスタッフさんもいらっしゃいました。

「自分がいなくなっても使ってもらえるように…」

POPを書き溜めるスタッフさん。

春の人事異動を前にして、そろそろ自分が現場から離れるかもしれない。その後のお店のことも考えてPOPを書き溜められた。

ほんと頭が下がる思いです。

先日からご案内しているセミナーにも、複数の従業員さんが参加表明してくださっています。

店主さん、経営者さん、従業員さん、、
別に区別するわけではないですが、自腹でセミナー参加費を払い学ぼうとされる。

「ちょっとでもお店が良くなるように…」
「お客さまに喜んでもらいたい…」
「地域一番のお店になれるように…」

そんな心意気でご自身を高めようとされる。

ほんとお世辞とか抜きに尊敬します。

37歳まで会社員をしていた(ズボラばかりですが)その人間として言えるのですが、

磨かれたスキルや経験は、必ずどこかで返ってくる。仮に何かの事情で仕事を離れる
ことになったとしても、その経験は必ず活きてくる。

職場を離れたとしてもリターンはどこかで返ってくる。その頑張りが報われる時がきます。

これは今、私が実感している事実なので、保証します。

あと何よりも、仕事に主体的に取り組むことは、仕事を楽しくする最大の秘訣でもあると思っています。

自分がやったことが結果になる。頑張りが成果に出る。
これほどの喜び、ヤリガイは他では得られません(これも大阪の産直店時代に実感したので保証します)。

そういうことを踏まえても、POPは結果がダイレクトに出る。

書いたPOPで売上が伸びる。

お客さまから反応が来る。

喜びとヤリガイを実感できる取り組みだと思います。

いずれにしても今持たれている向上心は、本当にかけがえのない。大切にしていただきたい、心から思います。そして応援しています。

実物チラシ無料で全公開

チラシ集客

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。