オンラインPOPセミナー開催決定~”コミュニケーション”から販売を学ぶ

臼井です、

「3人のお客さまから、お声がけいただきました」

「チラシで真似したら、いつもより引き合いが多かったです」

「普段は1ヶ月で1本なのに、1週間で17本売れています」…ほか

複数の方から嬉しいご報告をいただきました。

やれば成果につながりやすい。結果が出るまでのスピード、即効性が高い。真似しやすい。当てはめやすい。真似すれば、高確率で成果につながりやすい。

改めて強く実感しました。

昨晩セミナーだったんです

理美容院、サロンさんの方々を中心にしたPOPセミナーでした。(※全国BSC全国理美容共同組合さんが主催してくださいました)

昨年11月に引き続き、第2弾です。

第1弾を受講された方だけ参加できる、秘密のセミナーでした(笑)

理美容院さんといえば、技術を提供されるお仕事です。そして、その技術をサポートする商品がある。いわゆる物販(店販)と言われるものなのですが、

販売を苦手にされる方は、結構いらっしゃいます。

例えば、ちょっと想像してみてください。

あなたが美容室や散髪屋さんに髪を切りに行く。そこで突然スタッフの方に、

「このシャンプー、めっちゃいいんですよー」

声をかけられたら、どう感じますか?

リピートの要因にもなる店販

かなり極端な例なのですが(笑)、多くの場合、

「やばい、買わされる」
「どう断ろう」

押し売りと勘違いしますよね。

実際、店舗の方々も、お客さまのその気持ちは理解されていて、

「商品をお勧めしない」
「聞かれた時だけ説明する」

お店さんも多いです。

とはいえ、物販はお店の売上を占める重要な要素。消費商材も多く、気に入っていただければ、リピートの大きな要因にもなります。

そこでPOPを使って、お客さまへのアプローチ。コミュニケーションのきっかけづくりをしよう。その方法を一緒に学ぼう。これがセミナーの主旨でした。

コミュニケーションの極意

昨年11月に開催した第1弾のセミナーでは、「どんなお声がけ、メッセージを伝えれば、お客さまは心を開いてくれるのか?」

お客さまとのコミュニケーションを生み出す方法を一緒に学びました。

これは販売テクニック云々ではありません。人間心理です。

『いかにお客さまの気持ちを理解できるか?』

です。

例えば、

「伝えたいことが多くて、何を伝えればいいかわかりません」

よくいただくご相談の1つです。確かにその通りで、素晴らしい商品であればあるほど気持ちも乗るし、伝えたいことが溢れます。

でもこれが、逆効果。諸刃の剣になる事も多いです。

購入していただくコツは「○○起点」

ここで1つ目安にしていただきたいのは、

『あなた』が何を伝えるか?

ではなく、

『お客さま』が何を考えているか?

に意識を向けることです。

  1. お客さまはこういう悩みを持たれている
  2. だったら、この切り口からお話をすればいいかな?

あるいは、

  1. 商品をお勧めしたら、お客さまはどう感じるだろう?
  2. だったら、その抵抗感を減らすために、どんな話をすればいいだろう?

「お客さま起点」で考える

「何を伝えれば?」は、自分(あなた)起点です。
「何を考えているだろう?」は、お客さま起点です。

(違い分かりますか?)

これは販売に限った話でなく、日々のお子さんやパートナーとのやりとりもそう。スタッフさんに何か依頼する際のお願いの仕方もそう。

相手起点(商売でいえば、お客さま起点)で物事を考えるようになれば、コミュニケーションは驚くほどスムーズに進みます。販売や集客のアイデアもどんどん生まれます。

相手に喜んでいただきながら、あなたの話を聞いてもらえるようになるはずです。

セールストーク云々。相手の気持ちを操る、とかの話じゃありません。

『コミュニケーションから販売を学ぶ』

セミナーを開催します。

商品を売る、集客をする。その入り口は、人間心理の理解です。

あなたが商品をお勧めするときに、お客さまはどう感じるのか?それに対して、どうアプローチすればお客さまに伝わるのか?喜んでいただけるのか?

POPを通じて学んでいただきます。

POPは、コミュニケーションツールです。

POPをマスターすれば。あなたの気持ちを言語化できる。相手に届けることができる。あなたの商品を利用していただくことを通じて、お客さまと今以上の関係を築けます。

お客さまに気持ちよく買っていただきたい。気持ちよく販売したい。

その入り口が今回のセミナーです。

詳しい話はこちらをご覧ください

オンラインPOPセミナー

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。