素人集団で年商1億3千万達成

30歳の頃、野菜を売っていました。

社員2名、売場面積30坪の
小さなお店です。

大阪の千里中央という駅から
歩いて15分くらいの場所に
立地していました。

パートさんは10名くらい
一緒に働いてくれていました。

平日で1日、約30万。

週末で50万前後。

月に1千万円超えると黒字。

それ以下だと赤字、、

1つの目安になっていました。

民間の会社でしたが、
高知県のアンテナショップ的な
立ち位置のお店でもあり、

販売商品2千アイテム中
90%以上が高知県産だったり。

あと、社長や取締役は
普段は現場にいませんでした。

月に1回の営業会議のときだけ
お店に顔を出す。

あとは高知県で本業に
あたっている状態でした。

だから現場は一任されていた。

言い方を変えると
好き放題させてもらっていました(笑)

しかし、素人集団です。

私はお店の経営はしたことないし
販売もずぶの素人です。

高校、大学の7年間
コンビニでのアルバイトが
唯一の現場経験でした。

パートさんや私たちの『人間感覚』を頼りに
お店を運営していました。

営利主義に特化するわけでなく、

「お客さまに喜んでもらう」

を第一に考えていたのが
ライバルひしめく中、生き残れた要因かもしれません。

・社員2名の小さなお店で年商1億3千万

・当時在籍中、7年間連続黒字

・アンテナショップ出店を
検討する自治体から取材殺到…

テレビやラジオなどマスコミにも
何度も取り上げていただきました。

今思うと良い思い出ばかりですが、

辛い記憶も多いです。

例えば、休日は月4日だけでした。

シフトが足りないなど
お店の事情で2週間休みが取れないとか。

社員二人とはいえサラリーマン。

しかも30代の若い盛りですよ、

彼女とも遊びたくて
文句ばっかり言ってました(笑)

給料も高いとは
決して言えませんでした。

「よくこの給料で続けられますね?」

ある大学の教授に真顔で
質問された事があるほどです(笑)

でも、4年間働かせてもらい、

今のコンサルビジネスの
地盤となる経験や学びを
多くさせてもらいました。

社員2名、売場面積30坪、

素人集団だったからこそ、

学べた経験ばかりだったと思っています。

仕入れから始まり、
レジ打ち、接客、配達、
クレーム対応、、、

土台のできたチェーンストアでは
得られなかった経験でした。

そんな中、

ある実体験をキッカケに
手書きPOPと出会います。

「ピンチはチャンス」

よく言いますが
実はPOPと出会えたのも、

「もう、これじゃヤバイ」

切羽詰まった結果
選択の余地なく実践し始めた…

これがリアルの話です。

ある壁にぶち当たったからこそ
POPを実践することになりました。

話が長くなったので
その辺りはまた次回お伝え
させていただきます。

POPと出会っていなければ、
今の自分は存在しませんし、

年商1億3千万円は
達成できていなかった・・

百貨店やチェーンスーパーなど
周囲のライバルに
お客さまを奪われ、

お店も潰れていたかもしれません。

POPとの出会いは
お店の運命を大きく変えてくれました。

『集客チラシ』事例を無料公開

チラシ集客

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。