手書きPOP伝え方のコツ~ホームセンターの手書きPOP事例

 

 

手書きPOPには、コツがある。

こんなこと言うと、誤解されるかもしれないんだけど、、、。

 

POPの中で商品特徴を1つ書くにしても、メッセージの書き方のコツ。

そんなのがあるんです。

 

「商品特徴をそのまま伝えるだけなのか?」

それとも、

「その商品特徴をネタにして、話を膨らませられるか?」

ここに1つの手書きPOPのポイントがあります。

 

実際の手書きPOPの事例をご紹介しながらお伝えしていきますね。

ホームセンターの従業員さんが書いた手書きPOP

 

こちらの手書きPOPをご覧いただけますか。

先日、高知県主催で手書きPOPセミナーをしたときに参加者さんに書いてもらったものです。

参加者のお一人、ホームセンターの従業員さん(女性)が書かれました。

 

まず、セミナーが始まってすぐに書いてもらったのがコチラ。

(例によって、セミナーを受講前と受講後のPOPをご紹介します)

 

セミナー参加者(ホームセンターのスタッフ)さんが受講前に書いた手書きPOP

知ってもらいたい やわらかさっ!! 新商品

”ふわふわロール” 税込600円

 

自社で開発したというトイレットペーパーの手書きPOPです。

価格的にはかなりお高めの商品だそうで、

「その価値を伝えたいんだけど、なかなか言葉にデキなくて、、、」

と、思案されていた様子の彼女でした。

 

続いて、セミナーをある程度受講(約1時間半)された後に書かれた手書きPOPがコチラ。

(まだ下書きの段階ですが)

 

セミナー参加者(ホームセンターのスタッフ)さんが受講後に書いた手書きPOP

未体験の優しさとやわらかさ!!

ふわふわロール<8ロール入り>

 

トイレットペーパーが8ロールで600円!?

「高っ!!」「そんな高級品、ウチでは使えんわ!!」と思いますよね。

私もそう思っていました。

でもでもっ!「最近ちょっと疲れてるな」と思ったアナタにおすすめです。

トイレットペーパーを変えて、毎日のトイレ時間を”癒しの時間”に変えてみませんか?

¥600-

 

いかがですか?

前者のセミナー受講前に書かれたPOPと今回のモノ。

見たとき、何か印象の違いありますか?

商品特徴の伝え方がポイント

あなたもそうかな?と思うんだけど。

手書きPOPを書こうとしたら、

  • 商品の特徴
  • 良いところ(メリット)

に焦点を当ててメッセージを考えると思うんですね。

 

前述のトイレットペーパーでいえば、

「この商品の特徴は、、、、他のトイレットペーパーとは違う”ふわふわ感”だよね」

みたいな感じでね。

 

この商品特徴の伝え方がポイントになってくるわけです。

「商品特徴をそのまま伝えるだけになるのか?」

それとも、

「その商品特徴をネタにして、話を膨らませられるか?」

ここに大きな違いが生まれます。

 

今回のホームセンターの彼女が書かれた手書きPOPもそうですよね。

前者はどちらかというと、商品の特徴である”ふわふわ”を伝えたモノ。

後者は、その”ふわふわ感”や”高級感”を何とかして伝えようと考えたメッセージ。

…そんな風に受け取れませんか?

 

まだこれから清書をするという段階だけど、いい感じの手書きPOPになっていますよね。

 

というわけで、まず手書きPOPの第一歩。

「商品の特徴だけをそのまま伝えない」

その商品をネタにメッセージを膨らませる。

ここを意識して、POPを書いてみるようにしましょうね。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。