どんな看板メニューより魅力的で集客力のある商品を発見した会員さん

お金では買えない喜びって、ありますよね。

例えば、

「1億円払うので
お子さんを譲ってくれませんか?」

って、言われたら…?(不謹慎な質問ですみません)

当然ですが、答えは、「NO!」だと思います。3億円だろうが、10億円もらおうが、子供はお金には変えられない絶対的な価値。喜びですよね。

あと個人的にいえば…

「確実に売上は伸びています」

「仕事が楽しくなりました」

これらの言葉も自分にとっては、お金では買えない価値のあるものです。ご縁をいただく会員さんが結果を掴まれる。今の業務にやりがいを見出される。一緒に喜び合う。

「臼井さん、おかげさまで…」

なーんて言ってもらえると、もう1日happyです。

「ウルサイ」

娘に言われるくらい、上機嫌になると思います(笑)

充足感って、人それぞれ違うと思うし、比べるものじゃありません。

お客さまに『感謝される』のがサイコーという人もいれば、売上をバチーンと上げれば、

「夜、祝杯だ」

っていう人もいます。ある意味、

充足感のタネを発見する

ここが幸せの入口だと思います。

ちなみに冒頭の

「確実に売上は伸びています」

以前、ある会員さんから言っていただいた言葉です。現在は業界的に厳しい
飲食店を都内でされるオーナーさんで、ご一緒に地元集客に取り組みました。

毎月、会員さんと電話でやりとりをしながら、会員さんが気づかれていない
魅力や価値、チャンスロスを探っていました。

その中の1つに、日々、お仕事や人付き合いで会員さんが意識される、ある言葉が見つかりました。お話を聞いてすごい納得したし、共感もしたので、

「それ、お客さまに伝えられてます?」

「伝えられたら、どうですか?」

集客の1つだったチラシで伝えることにしました。

すると、ある変化が、、

「”どういう方がお店をやっているのか?”興味が湧いて、来店した」

というお客さまが現れ始めたのです。会員さんの言葉をお借りすると、

「以前は、どんな料理を提供すればいいんだろう?」

思考の比重を占めていた。しかし、ご自身(オーナーさん)に
興味を持ったお客さまが増えるにしたがい、

「どんな料理を提供するか?は勿論だけれど、もっと大切なのは、”料理を提供する人間が、どんな想いで(それを)出しているのか?”」

「本当の意味での看板メニューは、そのお店の人間じゃないか?」

新たな考え方を持たれるようになりました。

ご商売や仕事のスタイルって人それぞれです。今の話をあなたにも押し付ける気持ちはありません。ただ個人的に、30歳の頃働いていた大阪の産直店時代に、人を感じてもらう威力を思いっきり実感しました。

人を伝える威力

他の人より何倍も高い農作物を買ってもらうために、

「商品の美味しさや品質を伝えるのではなく、
”なぜその生産者さんは、農業をされているのか?”
”どんな想いで野菜を作られているのか?”」

と言ったことを伝えたら、たとえ価格が2倍くらいしていようが、飛ぶように野菜が売れ出しました。もっと言うと商品(農産物)をつくる生産者さんにファンが付き始めました。

こんな話をすると、

「それは農作物だからでしょ」

「うちみたいな製品やサービスには当てはまらないよ」

と思われるかもしれません。

でも私はそうは思いません。商品を提供する。サービスをつくりだす。という意味では提供者(販売者)である、

あなたは作り手です

生産者さんと同じ立場です。

『なぜその商品をお勧めするのか?』

『どんな想いでお仕事をされているのか?」

伝えることによって、あなたの商品を手にしたいお客さまが現れる。そう信じています。

実際、ご紹介した飲食店のオーナーさんのように、2年以上同じチラシで集客を自動化するバイク販売店さん。

長野県の人口4500人の町で、コロナであっても前年超えを連月達成される洋品店さん…など会員さんの周囲でバンバン起きています。

お金で買えない価値があるように、商品の品質だけでは選べないお客さまにとっての価値基準がある。個人的にそう感じています。

冒頭でご紹介した飲食店さんとのインタビューです

売上は確実に上がっています

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。