集客できるチラシのこんな共通点。

臼井です、

「チラシの書き方で検索して
出逢いました」

メッセージをいただきました。

私がご縁をいただく会員さんで
チラシ集客をする方は多いです。

飲食店さん、中古バイク販売店さん、
洋菓子店さん、写真店さん、英会話教室さん、、

パッと思い浮かべるだけでも
チラシを使って集客されている
会員さんのお顔が浮かびます。

地元集客に最適なチラシ

チラシを使って集客をされる
会員さんは、地元のお客さまを
ターゲットにされている方々です。

地域の住民の方々をお店に集客したければ
チラシは最適です。

  • 即効性が高い
    ⇒チラシを撒いてから結果が出るのが早い
  • 直にお客さまにアプローチできる
    ⇒結果を掴む上で一番手っ取り早いです
  • 継続的な仕組みになる
    ⇒一旦集客できるチラシができると
    繰り返し成果を上げることができる

ざっと挙げるだけで
様々なチラシのメリットが上がります。

集客できるチラシの共通点

集客に成功している会員さんには
『ある』共通点があります。

これは私が提唱している手法、

にもよると思うのですが、

皆さんのチラシには
『嫌らしさ』がありません。

いわゆる売り込み臭さ、

が少ないです。

「できれば、なるべく売込み臭く
ならないように集客したいです」

会員の皆さん、かなりハードルの高い
要望を突き付けてくれます(笑)

なので、ご縁をいただく会員さんのチラシは
いわゆる従来想像されるチラシとは
かなり違います。

「これで…集客できるの?」

おそらく、あなたも感じられると思います。

会員さんのチラシをご紹介したときに、

「えっ、これで…?」って。

逆に、

「これ、面白い」
「こういうチラシで集客したかったんですよね」

感じてもらえれば
かなりの確率であなたも
チラシで集客できると思います。

なぜなら、私のまわり会員さんがそうなので。

ある会員さんの集客チラシを見て、

「これ、すごい、面白すぎです」

このセリフを吐いた方は集客に成功しています

チラシ集客に成功するパターンです。

ほぼ90%以上の確率で
上記のような感触を持たれた方は
うまくいっています。

数字の大小はあるとして
ある一定の集客結果を掴んでいます。

つい先日もコロナで苦境の飲食店さんの
社長さんがこうおっしゃっていました。

「以前は1万枚撒いても…だったのが
この間は1000枚も撒かずに
複数の方が来店してくださっていたので
6月もチラシやります」

集客チラシも様々な手法があります

あなたに合ったやり方を
見つけられるのが一番です。

何でもそうですが合わないやり方は
継続しないですしね。

そういう意味でも
ご縁をいただく会員さんは
気持ちよく集客されている気がします。

ちなみに本文の中で出てきた、

「このチラシを見て面白いと思えば
集客できますよ」

ご紹介したチラシ、、気になりませんか?(笑)

こちらでご紹介しています。

「面白いと思えるか?」

ご興味があれば、あなたの感性を
チェックされてみてください(笑)

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。