チラシ集客のコツ。配布方法の変えたら80枚で3件の集客を実現

会員さんのお一人から
結果報告をいただきました。

話を聞くと、

「80枚チラシを撒いたら
3件のご注文をいただけた」

とのことで。

80枚撒いたら3件のご注文、

さらりと簡単にお伝えしていますが
これって、かなり凄い事ですよ。

だって、26~27枚のチラシにつき
1件のご成約を頂ける
ということですから。

しかも別に何百円の商品が売れた
とかいう話じゃないですよ。

そこそこ金額のする話です。

そのチラシは会員さんのお話を
お聞きしながら一緒に
作らせてもらったんです。

初めは、目立った結果が
出ていませんでした。

ただ、配布方法を変えたこと
いきなり今回のような80枚で3件の
結果につながったんです。

まぁ、この後もその方法をやってみて
どこまで結果が継続するか?

安定的に結果を掴めるのか?

にもよりますが、
現在のところ突き進むべき道が
見つかり、かなり明るいです。

っで、先ほど少しお話しした、

初めはいい結果が出なかった。

だけど、チラシの配布方法を変えたら
結果につながったという話。

今回の結果を掴んだミソは
まさに1点に尽きると思います。

繰り返しで申し訳ないですが、

初め目立った結果が出なかったチラシ。
(と言っても、そこそこ成果は上がりましたが)

80枚で3件の成約をいただけたチラシ。

チラシの内容自体は同じです、
変わっていません。

だけど、結果は変わりました。

「チラシを使って集客をする」

という話をすると
斬新な言葉が必要。

オファーがどうの。

ベネフィットがなんちゃら、、、
とか言いたくなりますよね。

確かに大切だと思います。

ただ言わせてもらうと、
もっと手前の部分ですよね。

「いったい誰にその話をするのか?」

話しかける相手を変えるだけでも
結果が違ってくる可能性は大です。

太っていない人に
ダイエットのチラシを渡しても 、

ただの紙クズです。

子供のいない人に
ランドセルのチラシを渡しても

「はぁ?」

となるだけです。

もしも今チラシをお持ちであれば

1:今までと違う相手に渡すとすれば
誰に渡せるだろうか?

2:誰に渡せば興味を持たれやすいだろうか?

3:実践するには、どんなハードルがあるか?

を順に見ていくことで
今あるチラシが宝に一変する。

今の何倍ものお客さまを
集めてくれる魔法のチラシに
変身するかもしれません。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。